検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

学習と教育
ナンバリング
HN11129
教養分野
対象学科・専攻
看護学科
必修
配当年次
1
単位
1
時間
30
授業形態
講義
浅田 匡
前期
曜日・時限
月曜日5限
一般に、人間は教えられて学習すると捉えられている。また、人間はこどもへの教育を組織的に授ける体制を整えてきた。本科目では、こうした既存の考え方から脱して、「人間は本来学習する存在である」ということ、その観点から見たときの「教育」のあり方を考察する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
看護師は,教師と同様に,人を対象とした専門職である。本講義では,人を対象とした専門職としての教師を様々な角度から考察することを通して,教師は教えることの専門家ではなく,教えることを「学ぶ」専門家であるということは,リフレクション能力,教授内容に関する専門的知識などの能力・態度・知識であることが説明できる。また,教えることとケアリングとの関係についても重要な概念を用いて説明することができ,看護師としての成長・発達として,自らの学習にを関連づけることができる。
パワーポイントを用いて講義形式を中心として進め,授業内容に関連する課題についてはグループワーク,発表を行う
コメントシートを使用する
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
小テスト
その他
自由記載
毎回リフレクションシート(10%),レポート課題(30%)及び課題レポート(60%)による総合評価
リフレクションシートに基づき,次時の講義内でフィードバックします。
なし
浅田匡・生田孝至・藤岡完治編著  『成長する教師 教師学への誘い』 金子書房 ISBN-13: 978-4760825752
講義内容の質問は,毎回のリフレクションシートに記入,次時に回答します。
第1回の講義に,シラバスをよく読んでくること。リフレクションシートは必ず10行以上書くこと。10行未満のシートが3回で欠席と見なす。
グループでの話し合い活動も行うため、第1回の講義時にグループを決め、座席を指定する。
予習
毎回配布する資料を講読し,レポートを作成する(120分)
復習
受講した授業内容の要約を作成し,提出する(60分)

授業計画

授業内容
担当教員
1
学校学習における教師の役割と看護師の役割との相違について考察する(グループワーク)
浅田
2
教師を中心に専門職の自己理解、アイデンティティを自己分析と関連して考察する(グループワーク)
浅田
3
授業のモデルについて考察する
浅田
4
授業とは何かについて、ティーチングスキル、教師の知識などと関連づけて考察する
浅田
5
人間の発達を、自己、情動、認知の各側面から考察する
浅田
6
人を対象とした専門職としての成長を考察する
浅田
7
初任者教師の成長について、専門職の学習という観点から考察する
浅田
8
学級集団における教師と子どもとの関係について考察する
浅田
9
学習と教育における学級集団の役割について考察する
浅田
10
学力とは何かについて、学力論、国際学力調査を踏まえて考察する
浅田
11
教育評価の基本原理と目標分析について考察する
浅田
12
教育評価の教育的機能について考察する
浅田
13
「教える」こととケアリングとの関係について考察する
浅田
14
「教える」こととリフレクションとの関係について考察する
浅田
15
「教える」ことは「学ぶ」ことであるということを考察する
浅田



検索・一覧に戻る