検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

情報活用演習
ナンバリング
HN13108
教養分野
対象学科・専攻
看護学科
選択
配当年次
3
単位
1
時間
15
授業形態
演習
高柳 良太
前期
曜日・時限
Aクラス:火曜日4限、Bクラス:火曜日5限
「情報と人間」の学びをふまえ、「情報リテラシー」として今日の情報活用の方法であるコンピュータを介した活用方法を演習し、情報検索、情報活用の方法を学ぶ。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1.国、地方自治体がインターネット上で公開している保健統計データから、資料作成に必要なものを検索し、データを得ることができる。
2.得られたデータから、人に説明するためのプレゼンテーションスライド等の資料を作成することができる。
3.データ内容に即したグラフや表を作成することができる。
データの検索や収集方法、必要な統計の計算方法などを説明後、各自資料を検索、作成し、授業ごとに課される課題を作成する。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
小テスト
その他
100%
随時提出課題を課すのでその累積で評価を行う
自由記載
初回以外は、講義最初に前回課題、作成途中の発表課題の質疑応答、解説を行う。
授業資料は毎回教員が印刷資料を配付
なし
メールにて連絡を取ってください
評価は各回の課題の合計で行います。提出期限を過ぎて提出された場合は、正規の期限内の提出より評価が低くなります。未提出の場合は評価されないので、合計点が低くなります。提出漏れ、提出忘れに気をつけてください。
課題で作成したプレゼンテーションは、5回目と8回目に発表があります。
予習
随時Web上の保健統計情報や国民衛生の動向等に目を通し、どのようなデータが入手可能か、自分の担当となった自治体のWebサイトはどこからデータが得られるか確認しておくこと。
復習
プレゼンテーションスライドの作成は、講義時間内では完結しないので、各自講義時間の2倍程度もしくはそれ以上の時間を確保し、課題を完成させること。
各回の課題については、作成方法やデータ処理の方法などを理解したことを前提に講義が進むので、返却後不明点については質問などをして必ず疑問点を解消しておくこと。

授業計画

授業内容
担当教員
1
政府統計の総合窓口(e-Stat)、自治体統計の説明とデータのダウンロード
高柳
2
ダウンロードデータの加工とグラフ作成
高柳
3
発表資料1の作成①
高柳
4
発表資料1の作成②
高柳
5
プレゼンテーション1
高柳
6
発表資料2の作成①
高柳
7
発表資料2の作成②
高柳
8
プレゼンテーション2
高柳



検索・一覧に戻る