検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

文学の中の人間
ナンバリング
HN13110
教養分野
対象学科・専攻
看護学科
選択
配当年次
3
単位
1
時間
15
授業形態
講義
洲崎 圭子
前期
曜日・時限
Aクラス:金曜日4限 Bクラス:金曜日3限
文学の中には、現実に生きている人間からは知ることが困難な、生きている過程の喜怒哀楽、或いは死の世界のとらえ方など、多様で豊かな「人間像」が表されている。本科目は、文学を通して、「人間観」を深めることを目標にする。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
①文学に触れながら、「自分の生を生きるとはどういうことか」を自ら考え、そのことについて具体的に説明し記述することができる。
②異文化に触れることで、より幅広い視野を持つことができる。
③文学作品を追体験することで、他者の気持ちに寄り添うための方策について考えを深めることができる。
①パワーポイントと配布資料により授業を進める。
②授業形態:講義形式
③コメントシートを提出してもらい、その内容について概説する。
④授業のなかで映画鑑賞を行う。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
コメントシート
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
50%
筆記試験:文学作品について、自らの読みを具体的に論述できることを評価基準とする。
実技試験
レポート
小テスト
その他
50%
毎回のコメントシート:扱った作品についての感想を言語化して記述できることを評価基準とする。
自由記載
全講義終了後の翌週に期末試験を行う。
毎回のコメントシートの内容について、次回まとめて説明する。
毎回プリントを配布する。
『20世紀ラテンアメリカ短篇選』野谷文昭編訳、岩波文庫、2019年(ISBN: 9784003279311)
ガブリエル・ガルシア=マルケス『純真なエレンディラと邪悪な祖母の信じがたくも痛ましい物語』野谷文昭編訳、河出書房新社、2019年(ISBN-10: 4309207766)
『世界文学アンソロジー』秋草俊一郎・戸塚学・奥彩子・福田美雪・山辺弦編、三省堂、2019年(ISBN-10: 4385362351)
なし
なし
授業終了後、10分間、質問の時間を設ける。
①毎回、次回扱う作品のプリントを配布する。休んだ場合、教務課保管のプリントを各自コピー等し、自分の責任で次の授業までに手に入れること(個別に対応はしない)。
②受講時には、必ずプリントを持参のこと。
予習
次回の講義に使用する小説作品のプリントを配布するので、あらかじめ読んでおくこと(1時間)。
復習
プリント類を読み直し、内容について考えた結果を、期末試験のために文字化しておく(毎授業終了後30分)

授業計画

授業内容
担当教員
1
なぜ作家は小説を書くのか? 
洲崎
2
ガブリエル・ガルシア=マルケス「この世で一番美しい水死者」とソフォクレス『アンティゴネー』の埋葬
洲崎
3
フリオ・コルタサル「占拠された屋敷」とエドガー・アラン・ポー「黒猫」にみる狂気
洲崎
4
カルロス・フエンテス『アウラ』と老い
洲崎
5
フアン・ルルフォ「タルパ」と林芙美子「晩菊」における不可思議な男女の仲
洲崎
6
エレナ・ガロ「トラスカラ人の罪」と人間の歴史
洲崎
7
スペイン語圏の映画鑑賞①
洲崎
8
スペイン語圏の映画鑑賞②、全体のまとめ
洲崎



検索・一覧に戻る