検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

異文化体験セミナー
ナンバリング
HN14128
教養分野
対象学科・専攻
看護学科
選択
配当年次
4
単位
1
時間
30
授業形態
演習
川元 克秀
前 期
曜日・時限
土曜日 1・2・3・4限
「異文化」を手がかりとした他者理解の実践を行う。人間を様々な価値観や習慣、生活様式を持つ集団の中に生まれ、育ち、死んでいくものとしての理解をしていくセミナーである。価値観が多様化・個別化していると言われる現代において、他者を自分とのつながりにおいて考えることを学ぶ。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
以下、3つの能力の獲得を、本科目の学修目標とします。
1) 「マルチカルチュラリズム(Multiculturalism;多文化主義)」が、究極的には「ナショナリズム」と親和性が高い理由を、自己の看護実践に於ける患者への対応傾向と対比して、説明できるようになること。
2) 自己の看護実践が、西洋的価値至上主義(例えば科学万能主義・人類優先主義)に立脚した医療活動となりやすい点を理解した上で、その前提とは異なる価値に立つ患者への看護を、創造的に発想できるようになること。
3) 「インターカルチャリズム(Interculturalism;間文化主義)」が、社会統合理念として、人種・国籍・信仰・文化を超越した看護態度の形成に寄与可能な理由を、具体的な看護場面に則して、論じることができるようになること。
本科目は名称に「セミナー」と入る通り、基本的に「演習」形式の学習方法、即ち、学生が主体的に学びに参加する形態により、学習を進めます。具体的な学習では、イノベイティブに「探求する力」と、多様な立場の人と「協働する力」の、受講生の態度深化を重視し、以下の階層過程を繰り返す学習方法を用います。
1)事前ペアワーク:提示する論点から二人一組で、相手の言葉を鏡として自己の倫理観・道徳観の源泉を見つめます。
2)板書による学術知識の解説:その回の学習に関連した倫理学の学術知識を、キーワードを中心に解説します。
3)視聴覚メディア(DVD)による題材の提供:題材に含まれた現実を、心痛から逃げず丁寧にじっくりと心で味わいます。
4)リフレクションペアワーク:題材について学術的観点から二人一組で、自己の常識としている価値を発見します。
5)授業後のリフレクション(振り返り)言語化作業(小レポート作成):当回の学習内容について、提示された論点から各自振り返り、気付きの定着を図ります。
なお、授業内容に関する学生の方々への総合的なフィードバックは、主に定期テスト時の冒頭に
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
本科目は毎回、ディープ・アクティブラーニングの一手法としての「ペアワーク」と「リフレクション」を組み合わせ、前述の階層学習を繰り返す「主体的学び」に取り組みます。
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
30%
「学修目標」に提示した3つの観点について解説と思考を求める小論文試験を、定期試験として実施します。( 30点/回×1回=30点)
実技試験
レポート
70%
授業テーマの区切りごとに課す「小レポート」では、授業後のリフレクションによる学びの言語化作業として、「学習ごとこのテーマに沿った論点から、自己の異文化理解・多文化共生意識を見つめることが出来ているか」により、評価します。(10点/回×7回=70点)
小テスト
その他
自由記載
最終授業日の4時限目(第15回目の開講時限の次の時限)に試験を実施します。
課題に対するフィードバックは、振り返り小レポートに於いて多くの学生の方が共通して着目した観点について、各授業回の冒頭及び、定期試験の冒頭の時間を使い、系統的な疑問点への解説として行います。
テキストは使用しません(必携図書はありません)。参考書として以下を各回の学習内容・テーマに合せ随時、紹介予定です。
参考書 : 高城玲(著) 『大学生のための異文化・国際理解;差異と多様性への誘い』 丸善出版 2017 ISBN-10:462130125X
参考書 : 明治学院大学教養教育センター・社会学部(編) 『多文化共生を学び合う;配慮と偏見のはざまで』 かんよう出版 2018 ISBN-10:4906902944
参考書 : ジョセフ・ショールズ(著) 『深層文化;異文化理解の真の課題とは何か』 大修館書店 2013 ISBN-10:4469245771
参考書 : ジェラール・ ブシャール(著)『間文化主義(インターカルチュラリズム);多文化共生の新しい可能性』彩流社 2017 ISBN-10:477912431X
なし
講義実施日の12:20~12:50(昼休み時間帯)に、非常勤講師控室へいらしてください。
なお、授業終了直後にも10分間、質問受付時間を設けます。
フィードバックとして、振り返り小レポートに於いて多くの学生の方が共通して着目した観点について、毎授業回の冒頭に詳細な解説を行います。
集中開講形式での演習(学習)となります。開講の日時に注意してください。クラス指定はありません。
開講は、『4月の土曜日の、1限~4限の連続学習を、4日間』です。具体的な開講日は以下の日付(土曜)となります。
なお、最終日(4/25)の4限目は、テスト実施です。
【2020年度の開講日(いずれも土曜日の1限~4限)】 4月4日、4月11日、4月18日、4月25日
予習
次回の学習内容に関連したキーワードを、毎授業回の最後に提示するので、図書館やネット等でそれらを調べ、自己の立脚する文化的態度の基盤・価値の傾向を確かめてくること(60分)
復習
その授業回で提示した題材を提供した論点から振り返り、自己の文化的態度の傾向を言語化する作業に取り組むこと。尚、この結果は、毎回「題材振り返り小レポート」として、次回授業回の冒頭に回収する(120分)

授業計画

授業内容
担当教員
1
「異文化理解・多文化共生とは?」:本科目の目的と学習方法を説明し、異文化理解・多文化共生の学術的知識体系の構成を概説した上で、次回の学習に向けた課題の提示を行う。
川元
2
「西洋中心主義と文化帝国主義(Cultural imperialism)」(その1):ナイチンゲール精神の如何なる部分が現代的に成立不能となりつつあるのか?
川元
3
「西洋中心主義と文化帝国主義(Cultural imperialism)」(その2):紛争で傷ついた子どもが、先進国の論理で選別される現実は、如何なる源泉によりもたらされるのか?
川元
4
「西洋中心主義と文化帝国主義(Cultural imperialism)」(その3): 一般に「医学」と言えば「西洋」医学を指し、それ以外の場合には、例えば「東洋医学」とわざわざ「医学」の前に「東洋」を付す現実は、看護に何をもたらしているのか?
川元
5
「信仰・宗教と看護活動」(その1): イスラーム教徒への看護は何か特別な点があるのか?
川元
6
「信仰・宗教と看護活動」(その2): ムスリムであることを理由に、女性が女性専門の医療機関での治療を望むのは、西洋医学のルールに従わない「ワガママ」なのか?
川元
7
「信仰・宗教と看護活動」(その3): 人工妊娠中絶を拒否するカトリック教徒が、母体と胎児の幸せを省みない、異端な存在であると見做されにくいのは何故なのか?
川元
8
「信仰・宗教と看護活動」(その4): 科学技術の発展と連動して深化しない人類の道徳観を信仰が補うことは、宗教への隷従というべき盲目的態度なのか?
川元
9
「人種・民族・国籍と看護活動」(その1): 医療ツーリズムで日本に訪れる途上国の富裕層は、先進国の医療活動に何を期待し来日するのか?
川元
10
「人種・民族・国籍と看護活動」(その2): 「グローバリゼーション」と標語のように唱えられ英語を話せればあたかも問題解決しそうな幻想を、「看護」の立場からどのように捉えるか?
川元
11
「生命観・金銭観と看護活動」(その1): ハリウッドセレブは何故、代理出産を依頼する側で居続けるのに、代理母をしている女性たちから憧れられやすいのか?
川元
12
「生命観・金銭観と看護活動」(その2): デザイナーベイビー用の卵子を一卵400万円で提供する、容姿が美しい日本人女性は、どのような生命観で「いのち」を見つめているのか?;「エンハンスメント」と「所有」
川元
13
「貧困と看護活動」(その1): お金が無いからと病院で治療を受けられない貧困家庭の子どもたちに、先進国の我々は何も責任を持たないのか?
川元
14
「貧困と看護活動」(その2): 日本で生活していると、我々は何故、「ビジネス活動は、道徳性から開放され得る、特権的的営為である」と、見做しやすいのか?; 医療も「慈善でないなら仕方がない」のか?
川元
15
学習のまとめ:「異文化理解・多文化共生の観点から再度、自身の看護実践を点検する」;看護師が特定の権力・権威として存在し得る責任を、異なる文化文脈内で生きる人の「いのちを守る」観点から考えると…
川元



検索・一覧に戻る