検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

形態機能学Ⅰ
ナンバリング
HN21101
専門基礎分野
対象学科・専攻
看護学科
前期
配当年次
1
単位
1
時間
30
授業形態
講義
吉本 正美
前期
曜日・時限
火曜日2限
「人間」を理解する仕方の一つに、身体の形態とその機能から捉える見方がある。人の身体の形態はどのような構造をしているのか、その構造はどのような機能をもっているのか、その機能はどのように調節されているのか、その構造と機能は、どのように日常生活と関連しているのかを理解し、病理学、診断・治療学、および看護学の基礎とする。
形態機能学Ⅰでは、人体の基本構造としての細胞、組織、器官系、および成長、老化、生殖の過程また、人体の恒常性について、ホメオダイナミックス(動的平衡)という見方から学ぶ。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
(1)人体の基本的な主要な区分、軸、および断面を理解し、説明できる。(2)人体を構成する骨の名称をあげて説明できる。(3)骨の連結を不動性連結と可動性連結([狭義の]関節)に分けて説明できる。(4)可動性連結([狭義の]関節)の形態学的 な分類と運動性(運動軸)を説明できる。(5)骨格筋の名称と主要な働きを説明できる。(6)神経系を中枢神経系と末梢神経系に分けて説明できる。(7)脳と脊髄について、各部位の名称と主な機能を説明できる。(8)脳神経と感覚器を関連付けて説明できる。
教科書や参考書等を基に作成した配布資料に沿って、パワーポイントを使用して授業を行う。授業の最後に学修内容について課題を出し、授業時間内に提出してもらう。提出課題は確認後、次の授業で解説し、学生の理解度を高める。授業は遠隔授業を組み合わせて行う。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
100%
実技試験
レポート
小テスト
その他
自由記載
定期試験期間に行う。
課題レポートについてのフィードバックとして、次回の授業でレポートの解説を行う。
橋本尚詞、鯉淵典之(編著)、新体系 看護学全書 人体の構造と機能 ① 解剖生理学 第3版 メヂカルフレンド社、 ISBN 978-4-8392-3317-4
トートラ人体の構造と機能、第5版(原著15版)、桑木共之・黒澤美枝子・高橋研一・細谷安彦(編訳)、丸善出版、平成31年3月10日発行、 ISBN 978-4-621-30356-6 C3047
なし
月曜日の昼休み(12:00-13:00)。その他の時間については、事前予約してください。 
予習
教科書や配布資料に目を通し予習して(30分)、授業内容の概略を確認して授業に臨む。覚えなければならない人体の名称等(解剖学用語)がたくさんあるので、予習により授業内容を理解しやすくなり、分かりにくいところを把握しやすくなる。
復習
復習は授業後の出来れば1−2日内に、少なくとも次の授業前までに、教科書や配布資料を確認しながら行う(90分)。また、人体の名称等(解剖学用語)は、繰り返し筆記して復習する。また、将来疾患名や臨床の専門用語とも関連するので、復習の際には、日本語の解剖学用語と併せて英語名を教科書や配布資料等で確認するとよい。

授業計画

授業内容
担当教員
1
人体の基本構造(第1章)
吉本
2
人体の基本単位-1 (第2章、第3章)
吉本
3
人体の基本単位-2 (第2章、第3章)
吉本
4
骨格系-1 (第2章、第8章)
吉本
5
骨格系-2 (第8章、第9章)
吉本
6
骨格系-3 (第8章、第9章)
吉本
7
筋系-1(第2章、第8章、第9章)
吉本
8
筋系-2(第8章、第9章、第10章)
吉本
9
筋系-3(第8章、第9章、第10章)
吉本
10
神経系-1 (第2章、第9章、第10章)
吉本
11
神経系-2 (第9章、第10章)
吉本
12
神経系-3 (第9章、第10章、第11章)
吉本
13
神経系-4 (第9章、第10章、第11章)
吉本
14
感覚器系-3 (第9章、第10章)
吉本
15
感覚器系-3 (第9章、第10章)
吉本



検索・一覧に戻る