検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

形態機能学IV
ナンバリング
HN21204
専門基礎分野
対象学科・専攻
看護学科
必修
配当年次
1
単位
1
時間
30
授業形態
講義
加藤昌克
後期
曜日・時限
金曜日1限
形態機能学Ⅳでは、腎・泌尿器系の構造と機能について、形態機能学Ⅲで学んだ循環器系と関連づけながら、日常の排泄行動について理解する。また、人間の生殖器の構造と機能について理解する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
循環・呼吸の仕組みと働きを説明できるようにする。消化吸収・代謝を説明できるようにする。腎機能と体液恒常性維持の関係を説明できるようにする。内分泌系による生体恒常性維持の仕組みを説明できるようにする。さらに生体恒常性維持の仕組みについて、体温調節を例に学習し説明できるようにする。自分の理解度を図る方法の一つは、これらの項目をよく知らない人に説明しその人がわかるか否かをみることである。例えばお母さんやお父さんにその日に習ったことを説明してみると良い。
教科書を中心にして講義を行う。必要に応じてプリントを配布する。講義中に適宜に質問し、学生の理解度を把握しながら進める。項目によっては簡単な実験を行い理解度を高める。各講義の最後に講義の要約、質問などをシャトルカードに書いてもらう。つぎの講義でコメントを記したシャトルカードを返却する。シャトルカードに記された内容から学生の理解が不十分な点を把握し、それを中心に10分ほどで前回の講義を復習し、新しい項目に進む。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
100%
試験範囲として配布した項目の理解度を問う。
実技試験
レポート
小テスト
その他
自由記載
試験期間内に実施。
シャトルカードを活用する。試験に関しては終了後に答案を返却し解説する。
新版生理学(桑名俊一・荒田晶子編著、理工図書)
自習可能な参考書:系統看護学講座 専門基礎分野 人体の構造と機能[1]解剖生理学、医学書院
高度な内容の参考書:よくわかる生理学の基礎(メディカルサイエンスインターナショナル)、標準生理学(医学書院)、ギャノング生理学(丸善)、ガイトン生理学(エルゼビアジャパン)。まず、図書館で見てください。
なし
月‐金の昼休み、
予習
教科書の該当箇所に目を通し、どこが解らないかを知る。15分
復習
教科書、ノート、プリントを使って講義内容をまとめる。20~30分

授業計画

授業内容
担当教員
1
循環の生理学(第8章)
加藤
2
循環の生理学(第8章)
加藤
3
呼吸(第9章)
加藤
4
呼吸(第9章)
加藤
5
消化・吸収(第10章)
加藤
6
消化・吸収(第10章)
加藤
7
栄養・代謝(第11章)
加藤
8
栄養・代謝(第11章)
加藤
9
腎臓の生理学(第12章)
加藤
10
腎臓の生理学(第12章)
加藤
11
体液の恒常性(第13章)
加藤
12
体液の恒常性(第13章)
加藤
13
内分泌(第14章)
加藤
14
内分泌(第14章)
加藤
15
体温調節(第15章)
加藤



検索・一覧に戻る