検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

社会保障論
ナンバリング
HN22217
専門基礎分野
対象学科・専攻
看護学科
必修
配当年次
2
単位
1
時間
30
授業形態
講義
入江 公康
後期
曜日・時限
金曜日2限
看護専門職として個人や集団に対して社会保障制度の活用や、保健・医療・福祉サービスの連携を行うために社会保障や社会福祉制度について深く学ぶ。社会保障の歴史的変遷を概観し現代社会の変化や社会保障・社会福祉の動向から各種法律や政策についても学習する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
保健・医療・福祉の連携という視点に立ちつつ、社会保障・社会福祉の歴史的変遷について学び、社会の様々な立場における社会保障や社会福祉の知識を深め、社会保障制度の意義や組み立てを理解することができる。
講義をおこない、それについて適宜板書していきます。資料映像を使用することがあります。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
リアクションペーパーなどを課す。
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
70%
実技試験
レポート
小テスト
その他
20%
小レポート・リアクションペーパー等の提出
自由記載
定期試験期間内に行う。
試験要点解説など。
必要な場合については適宜指示します。
必要な場合については適宜指示します。
社会学、生命倫理など社会制度や社会のあり方、価値観を考える分野と深く関連します。
なし
授業終了後、適宜受付ける
社会保障をきちんと考えることがつとに重要な時代となっており、看護職としても重要な関連分野となります。世間的な常識にとらわれず、専門人として社会保障制度と向き合い、知識を深めてください。
予習
前回の授業ノートを読み返すようにして下さい。
復習
一回の授業を終えた後、ノートを見返し、整理するようにして下さい。

授業計画

授業内容
担当教員
1
イントロダクション
入江
2
近代以前の社会福祉
入江
3
近代の社会福祉――世界と日本①
入江
4
近代の社会福祉――世界と日本②
入江
5
福祉国家と社会保障①
入江
6
福祉国家と社会保障②
入江
7
社会保障基礎構造改革とその後
入江
8
社会保障と社会保険
入江
9
医療保障と医療福祉
入江
10
介護保障と高齢者福祉
入江
11
児童福祉
入江
12
障がい者福祉
入江
13
ケースワーク制度について
入江
14
貧困と新しい社会保障
入江
15
社会保障制度の動向と課題・まとめ
入江



検索・一覧に戻る