検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

保健統計学
ナンバリング
HN23114
専門基礎分野
対象学科・専攻
看護学科
選択
配当年次
3
単位
1
時間
15
授業形態
講義
高柳 良太
前期
曜日・時限
Aクラス:火曜日4限、Bクラス:火曜日5限
本科目は健康問題の健康指標を正しく理解するために、統計資料の読み方や統計調査の方法について学ぶ。健康に関する人口統計指標や国民・地域住民の保健衛生状態について健康指標の意味するものについても概観する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1.保健統計に関する基本的な計算や表・グラフ等のデータ表現が適切に行える
2.重要な保健統計指標について計算式の意味を説明をすることができる
3.保健統計の最近の動向について説明をすることができる
保健統計資料についての解説後、統計の内容や計算等の小テストを行う。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
指定された内容について、公的サイトより必要と考えるデータを収集し解析する
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
60%
実技試験
レポート
小テスト
40%
講義内小テスト(課題)
その他
自由記載
定期試験期間
講義最初に前回の課題の返却と解説を行う。
資料は授業時に教員が随時授業資料は毎回教員が印刷資料を配付
看護学生のための疫学・保健統計 浅野嘉延 南山堂 978-4-525-05343-7
情報活用演習
なし
メールにて連絡を取ってください
TINSでデータを配布することがあるので、あらかじめTINSでのデータダウンロード等に慣れておくこと。
評価は試験と各回の小テスト(課題)の合計で行います。提出期限を過ぎて提出された場合は、正規の期限内の提出より評価が低くなります。未提出の場合は評価されないので、合計点が低くなります。提出漏れ、提出忘れに気をつけてください。
予習
e-stat等を通じて、保健統計のデータについて基本的な理解をしておくこと。復習と兼ねることになるが、前回の内容の上に講義が進むので、前回の内容を理解しておくようにすること。
復習
翌週に小テストを返却するので、できなかったところは復習しておくこと。特に統計値に関しては講義内での説明を復習し、計算式とそこから導かれる統計値の意味を理解すること。復習に2時間程度、講義前に再度前回の確認に1時間程度かけることが望ましい。講義は前回の指標等を理解していることを前提に進めるので、よく復習しておくこと。

授業計画

授業内容
担当教員
1
保健統計の基本と各種演算の復習と確認
高柳
2
データの整理と要約
高柳
3
疫学・保健統計のグラフ
高柳
4
人口動態統計 出生
高柳
5
人口動態統計 年齢階級別統計
高柳
6
人口動態統計 死亡 死亡率
高柳
7
年齢調整死亡率と標準化死亡比
高柳
8
オッズ比とリスク比
高柳



検索・一覧に戻る