検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

疫学
ナンバリング
HN23115
専門基礎分野
対象学科・専攻
看護学科
選択
配当年次
3
単位
1
時間
15
授業形態
講義
山内 貴史、〇木戸 尊將
前期
曜日・時限
火曜日1限
疫学は、人間集団の健康現象に着目して、それに関連する要因の頻度の分布を明らかにし、疾病の予防、ケア活動の根拠となる学問である。疫学の方法論、サーベイランス、スクリーニング等を理解し、健康事象を説明するために必要なプロセス(データ収集、分析、評価)を学習する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1. 保健師・看護師として理解しておくべき疫学の基本用語・概念について正しく説明できる。
2. 疫学研究のデザイン、および科学的根拠に基づいた考え方の重要性について説明できる。
3. 保健医療福祉統計、がんを中心とした生活習慣病の疫学統計について理解し説明できる。
スライドおよび配布資料を用いての講義を主体としつつ、講義時間内に随時簡単な確認テストを行い、解答の解説を行う。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
小テスト
その他
自由記載
期末レポート(80%)、授業終了時に提出する小レポート(20%)
最終講義日に期末レポートの課題を配布する。
:講義中に資料を配布する。
①『公衆衛生がみえる 2017-2018』 医療情報科学研究所(編) メディックメディア
②『国民衛生の動向 2017-2018年版』 厚生労働統計協会
なし
授業終了後に10分程度質問の時間を設ける。
出席は9時20分頃に確認します。それ以降は欠席扱いとします。
予習
次回の授業内容について教科書の該当ページを予習し、疫学の用語について理解しておく。
復習
講義の内容について配布資料および教科書を用いて復習しておく。

授業計画

授業内容
担当教員
1
疫学とは:疫学の基本的考え方、疫学の歴史と代表的業績、因果関係の判定
山内
2
疫学で用いられる指標:疾病・死亡に関する指標、効果の指標
木戸
3
疫学研究のデザイン①:記述疫学、分析疫学(症例対照研究、コホート研究)
山内
4
疫学研究のデザイン②:介入研究、バイアスおよび交絡について
山内
5
疫学の実際(水俣病に関するDVD)、検査指標とスクリーニングの考え方
木戸
6
根拠に基づいた医療(EBM)と統計解析の基本的考え方
山内
7
保健医療統計の読み方①:人口静態・動態統計の読み方
木戸
8
保健医療統計の読み方②:がんを中心とした生活習慣病の疫学統計
木戸



検索・一覧に戻る