検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

基礎看護学方法論Ⅳ(看護の計画的展開)
ナンバリング
HN51213
専門分野
対象学科・専攻
看護学科
必修
配当年次
1
単位
1
時間
15
授業形態
講義
〇武田 真、三ツ井 圭子
後期
曜日・時限
Aクラス:水4限  Bクラス:水3限
対象者に適切な看護を提供するための観察・情報収集と分析の方法およびその根底にある考え方を学ぶ。看護を計画的で系統的に実践する意味を理解し、そのための展開方法について学ぶ。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1. 看護過程の意義について理解できる。
2. 看護過程の構成要素について説明できる。
3. 情報収集とアセスメントの実践に必要な知識・スキルを身に着けることができる。
講師が作成した資料を配布する。対象者に必要とされる看護を導きだす際には、既習の学習内容を想起して活用することが求められるため、対話を通して受講者の知識力・理解度を確認しながら進める。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
70
授業全般において内容を理解しておくこと。
実技試験
レポート
小テスト
30
適宜知識を確認します。
その他
自由記載
シャトルカードを用いて授業についての理解度を把握し、質問や不足している点については授業内で補足する。
テキスト:山中克郎 他編 「看護アセスメントにつながる 検査データの見方」 照林社 ISBN;978‐4‐7965‐2370‐7
参考書:
1. ヴァージニア・ヘンダーソン著 湯槙ます 小玉香津子訳 ,看護の基本となるもの,日本看護協会出版会 
   ISBN;978-4-8180-1996-6
 2.ヴァージニア・ヘンダーソン著 湯槙ます訳 小玉香津子訳 ,看護論 25年後の追記を添えて 定義および
   その実践、研究、教育との関連 ISBN;4818004081
 3.宮脇美保子 編著 「看護学概論」 メヂカルフレンド社 ISBN;978‐4‐8392‐3320‐4
 4. 石川ふみよ,看護過
形態機能学 基礎看護学方法論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 基礎看護学演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 看護概論 看護援助論
なし
月曜日 12:00~13:00 W403
2年次の基礎看護学演習Ⅳ、看護学臨地実習の基礎となる科目です。必要とされる看護を考える過程を学ぶ授業になります。
なるべく欠席しないようにこころがけること。やむを得ず欠席した場合は、自己学習により補習を行ってください。
予習
授業で提示する課題に取り組み、自己の学びを深める。これらの学習には週約2時間の学習が必要である。
復習

授業計画

授業内容
担当教員
1
看護過程の意義・目的 看護過程の構成要素(情報収集、アセスメント、問題の抽出、計画の立案、実施、評価)と概要、一連の展開、看護過程展開をと学ぶ意義
看護過程の構成要素 【情報収集;1】
武田・三ツ井
2
看護過程の構成要素 【情報収集;2】【アセスメント;1】
看護理論と看護過程の関係 ヘンダーソンの看護論を活用したアセスメントの視点と情報の内容
武田・三ツ井
3
看護過程の構成要素 【アセスメント;2】 
ヘンダーソンの看護論を活用したアセスメントの視点と情報の内容
武田・三ツ井
4
看護過程の構成要素 【アセスメント;3】 
ヘンダーソンの看護論を活用したアセスメント過程;1
武田・三ツ井
5
看護過程の構成要素 【アセスメント;3】 
ヘンダーソンの看護論を活用したアセスメント過程;2
武田・三ツ井
6
看護過程の構成要素 【問題の抽出】
統合アセスメント  問題の抽出
武田・三ツ井
7
看護過程の構成要素 【計画の立案】
期待される成果 計画の立案
武田・三ツ井
8
看護過程の構成要素 【実 施】  【評 価】  
まとめ
武田・三ツ井



検索・一覧に戻る