検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

老年看護学援助論
ナンバリング
HN52130
専門分野
対象学科・専攻
看護学科
必修
配当年次
2
単位
1
時間
30
授業形態
講義
〇今村 嘉子
前期
曜日・時限
金曜日1限
老年期にある様々な健康状況の対象とその家族の看護に必要な基礎的知識について学ぶ。特に高齢者の生活の機能の基本を理解し、生活を維持・増進するための看護について学ぶ。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1.高齢者の健康支援に関する制度・取り組みについて説明できる。
2.高齢患者の生活機能を整えるためのアセスメントと援助について説明できる。
3.高齢者に多い医療事故の要因と対策について説明できる。
1.事前学習課題(4月3日提示)内容をもとに授業を進めていきます。
2.TINS配信される授業の概要(A4サイズ レジュメ)を用い、Googleドライブから該当授業のパワーポイントを閲覧し、授業を受ける。
3.提示された課題については、テキスト、資料、インターネットなどで調べ、まとめる。提出はTINSの「レポート提出」を利用する。
4.課題のために提示された視聴覚教材については指定されたURLにアクセスし、閲覧したうえで課題に取り組んでください。
5.提出方法 TINS「レポート提出」に添付し、指示された期限までに提出してください。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
100%
提示した課題に対して文献等を活用し、自分の考え、考察を述べていること。
小テスト
その他
自由記載
評価については、①事前学習課題、②各回で提示する課題レポート、③最終レポートから総合的に評価する。
講義終了後に提出されたレポートを評価し、内容が不足している点、特に重要な点については必要時資料を配布する。
『系統看護学講座 専門分野Ⅱ 老年看護学』北川公子編 医学書院 2018 978-4-260-03186-8
参考書 :
『老年看護学① 高齢者の健康と障害 第5版』堀内ふき編 メディカ出版2016 978-4-8404-5379-0
『老年看護学② 高齢者看護の実践 第4版』 堀内ふき編 メディカ出版 2016 978-4-8404-5380-6
生活機能からみた老年看護過程+病態・生活機能関連図 第3版 医学書院 2016.   ISBN 978-4-260-02836-3
老年看護学概論、老年看護学方法論、老年看護学演習
なし
質問等問合せ(日時) 担当教員メール 今村嘉子:y-imamura@u-ths.ac.jp  
出席確認方法:授業終了後のレポート、コメントにより評価する。
予習
提示された事前学習内容を確認したうえで授業に臨む。次回の講義内容についてテキストを読み予習を行う。(30分)
復習
授業で配布する資料とテキストの内容を見直し、授業内容を確かな自己の知識とする。(60分)

授業計画

授業内容
担当教員
1
高齢者の健康支援、健康増進の取り組み(介護予防)
高齢者の包括的アセスメントの必要性
今村
2
高齢者の健康支援、健康増進の取り組み(介護予防)
高齢者の包括的アセスメントの必要性
今村
3
高齢者総合評価(CGA)の概念 
①身体機能評価、生活機能の評価 
②認知機能の評価
今村
4
高齢者総合評価(CGA)の概念 
①身体機能評価、生活機能の評価 
②認知機能の評価
今村
5
高齢患者の生活機能を整える援助 ①フィジカルアセスメント
今村
6
   〃   ②転倒 ・転落アセスメント
今村
7
   〃   ③摂食・嚥下機能のアセスメント
今村
8
   〃   ④廃用症候群のアセスメント
今村
9
   〃   ⑤排泄障害のアセスメント(含む 失禁)
今村
10
   〃   ⑥褥瘡のアセスメント ⑦脱水のアセスメント
今村
11
   〃   ⑥褥瘡のアセスメント ⑦脱水のアセスメント
今村
12
   〃   ⑧痛み、痒みのアセスメント
今村
13
老年期のリハビリテーション ①医療的リハビリテーション、②生活活性化リハビリテーション)
今村
14
老年看護における医療安全と看護師の役割 ①高齢者に多い医療事故と予防 ②訴訟への対応
今村
15
   〃                ①高齢者に多い医療事故と予防 ②訴訟への対応 
今村



検索・一覧に戻る