検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

小児看護学方法論Ⅰ
ナンバリング
HN52136
専門分野
対象学科・専攻
看護学科
必修
配当年次
2
単位
1
時間
30
授業形態
講義
広瀬 京子
前期
曜日・時限
金曜日2限
疾病や入院が小児とその家族に与える影響と援助について理解する。
①各発達段階にある健康を障害された小児の看護
②疾病や入院による影響
③ストレスを緩和するための看護
④入院中の小児の医療安全・小児の事故
⑤活動制限の必要な小児と家族の看護
⑥隔離が必要な小児と家族の看護
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1.疾病や入院が小児や家族に与える影響が説明できる。
2.小児の成長・発達および評価方法が説明できる。
3.小児の事故や医療安全について説明できる。
4.小児と感染について説明できる。
5.隔離が必要な小児と家族の看護について説明できる。
6.子育て支援について説明できる。
①遠隔授業による講義資料の配信、Google ドライブによる動画配信(音声入)
②各自が自ら考える機会を多く取り入れます。 ( 報告書や資料の配信)
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
リアクションペーパーの記載内容や質問項目を次回授業で全員にfeedbackします。
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
100%
各課題について問題意識を持って取り組むこと。
小テスト
その他
自由記載
定期試験期間内にレポート提出にて行う
授業内でフィードバックし、コメントおよび解説を行います。
中野綾美ほか;ナーシング・グライカ メディカ出版 小児看護学
①小児の発達と看護(ISBN9784840449182)
②小児看護技術(ISBN9784840449199)
③小児の疾患と看護(ISBN9784840449205) 
こどものプレパレーション(ISBN9784521734958) 中山書店
新子どもの事故防止マニュアル(ISBN9784787816047) 診断と治療社
※授業中に必要時資料の配布を行う
生涯発達論・小児看護学概論
なし
月曜日:12:00~13:00 S-303研究室
皆さん自身の子ども時代をふりかえっておきましょう。また、子どもに関する報道や記事を集めておくと授業の理解がスムーズになります。
予習
教科書の当該ページを読み予習をしておく(毎授業開始前1時間)
復習
講義資料と教科書を見直して内容を自分のものとする(毎授業終了後1時間)

授業計画

授業内容
担当教員
1
子ども時代にタイムスリップ①(課題)
広瀬
2
子ども時代にタイムスリップ②(課題)
広瀬
3
子ども時代にタイムスリップ③(課題)
広瀬
4
導入:小児看護学方法論Ⅰの進め方/小児とは課題①②(遠隔)
広瀬
5
小児の事故①※(授業前学習:東京都福祉保健局乳幼児期の事故防止学習ソフトの閲覧!)課題③(遠隔)
広瀬
6
小児の事故② 小児安全マップの作成 課題④(遠隔)
広瀬
7
小児の医療安全 課題⑤(遠隔)
広瀬
8
各発達段階おける小児の遊び①(遠隔)
広瀬
9
各発達段階おける小児の遊び②(遊びの企画書作成)課題⑥(遠隔)
広瀬
10
各発達段階おける小児の遊び③(成長発達をとらえたおもちゃ作り)課題⑦(遠隔)
広瀬
11
各発達段階にある健康を障害された小児の看護(preparation/distraction) (遠隔)
広瀬
12
小児と感染(疾病や入院が小児と家族に与える影響・隔離が必要な小児と家族の看護)/まとめ課題⑧(遠隔)
広瀬
13
小児の成長発達① (子どもの食を中心に) 課題⑨(遠隔)
広瀬
14
小児の成長発達➁)(子どもの排泄・睡眠を中心に) (遠隔) 
広瀬
15
小児の成長発達③ /まとめ 課題⑩(遠隔)
広瀬



検索・一覧に戻る