検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

母性看護学演習
ナンバリング
HN52243
専門分野
対象学科・専攻
看護学科
必修
配当年次
2
単位
2
時間
30
授業形態
講義・演習
甲斐 寿美子、小山田 路子
後期
曜日・時限
Aクラス:金曜日4限 Bクラス:金曜日3限
妊期・分娩期・産褥期・新生児期のケアに特有の看護技術を習得する。具体的には、「妊婦の健康診査」「面接技術」「分娩期の呼吸法と補助動作」「乳房ケア」「子宮復古への援助」「バイタルサイン測定」「沐浴と諸計測」等を習得する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1.ウェルネス看護診断の考え方と方法がわかる。
2.ペーパーシミュレーションを通して、正常な過程をたどる褥婦と新生児の看護過程の展開方法を学ぶ。
3.正常から逸脱した褥婦と新生児の看護が考えられる。
4.妊婦・産婦・褥婦・新生児の看護に必要な技術を習得できる。
① 講義形式、 ② 演習
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
ペーパシミュレーション、モデルシミュレーション
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
100%
演習レポート30%、看護過程の展開70%
小テスト
その他
演習取り組み態度が悪い場合は演習レポート得点から減点する。
自由記載
シミュレーションの時間の中で質問や疑問に応える。
ウェルネス看護診断にもとづく母性看護過程 第3版 医歯薬出版(ISBN:978-4-263-23687-1)
母性看護学(3):母性看護技術 第4版メディカ出版 (ISBN-13 978-4-8404-6519-9 )
系統看護学講座 専門分野Ⅱ 母性看護学各論(医学書院 ISBN978-4-260-02179-1)
母性看護学概論 母性看護学方法論Ⅰ 母性看護学方法論Ⅱ 母性看護学実習
なし
金曜日 5限
予習
看護技術演習は、事前に教材に提示されている動画を見ておくこと。
復習

授業計画

授業内容
担当教員
1
ウェルネスの考え方、問題解決思考との違い
甲斐・小山田
2
ウェルネス看護診断の展開方法
甲斐・小山田
3
正常な過程をたどる母子の看護過程の展開
甲斐・小山田
4
技術演習① 妊婦と産婦への看護技術(レオポルド触診法・分娩進行時の援助:呼吸法・リラクゼーション)
甲斐・小山田
5
正常な過程をたどる母子の看護過程の展開
甲斐・小山田
6
正常な過程をたどる母子の看護過程の展開
甲斐・小山田
7
正常な過程をたどる母子の看護過程の展開
甲斐・小山田
8
技術演習②新生児への看護技術 ①(新生児の身体計測・バイタルサイン測定・沐浴)
甲斐・小山田
9
技術演習②新生児への看護技術(新生児の身体計測・バイタルサイン測定・沐浴)
甲斐・小山田
10
正常な過程をたどる母子の看護過程の展開
甲斐・小山田
11
正常な過程をたどる母子の看護過程の展開
甲斐・小山田
12
技術演習③ 産褥期の生殖器復古の観察・新生児のおむつ交換・授乳の援助
甲斐・小山田
13
正常を逸脱した母子の看護過程の展開
甲斐・小山田
14
正常を逸脱した母子の看護過程の展開
甲斐・小山田
15
まとめ
甲斐・小山田



検索・一覧に戻る