検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

精神看護学演習
ナンバリング
HN52247
専門分野
対象学科・専攻
看護学科
必修
配当年次
2
単位
1
時間
30
授業形態
演習
井上聡子、鈴木祐子(共同)
後期
曜日・時限
Aクラス:金曜日3限 Bクラス:金曜日4限
心の健康の保持増進を行うための援助及び精神看護に特有な援助技術について、「関わり」の在り方や「その過程」を振り返る方法を「演習」する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1.精神科における看護過程(アセスメント・計画立案・評価・修正)を展開するための知識を習得し、方法を理解できる
2.心の病いを持つ人への看護のための看護技術を理解し、実施できる。
3.対象の個別性に応じてエビデンスに基づいた技術を活用する意義を見出すことができる
・個人演習やグループ演習等、演習を中心に進める。
・毎回、演習後にはコメントカードを提出する
・5回程度、課題レポートや成果物を提出する
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
50%
学修目標に明示している3点を評価基準とする
実技試験
レポート
50%
再構成演習(1回)10点、看護過程演習(2回)40点、ワークシートを用いたレポートを提出する
小テスト
その他
自由記載
期末試験期間に実施
コメントカードは次回の授業で紹介し、学生全体で共有するとともに質問に答えたりコメントする。また、関連資料を配布する。
期末試験の解説をプリントにて配布予定。
適宜、紹介します
適宜、紹介します
1年前期:コミュニケーション論の知識が必要
2年前期:精神看護学概論の知識が必要
2年後期:精神看護学援助論および診断・治療学Ⅲの知識(主に精神疾患)が必要
なし
井上(W428 金曜:16:10~17:00) オフィスアワー以外の時間帯はメールで連絡すること。
本科目の単位取得は、3年次から4年次に履修する精神看護学実習の先修条件となる。
精神看護学概論、精神看護学援助論、診断・治療学Ⅲ、コミュニケーション論等の関連する科目の教科書や資料を毎回必ず持参すること。
予習
人間の心に関する情報に着目し、心に病を持つ人に対する捉え方や関わり方に対する自分なりの考えを持つように努める。
復習
本科目内容は精神看護学援助論や精神看護学実習と密接に関連し、精神科における基本的な看護技術の演習や心の病をもつ人への看護に向けた思考過程やアセスメント、看護計画の立案等を学習することから、主体的に学習を進めるとともにわからない点は積極的に教員に確認し、自ら

授業計画

授業内容
担当教員
1
心の病いを持つ人との関わり方(1) -看護師が用いるコミュニケーション技法
井上・鈴木(祐)
2
再構成演習-心の病いを持つ人との関わり方(2)
井上・鈴木(祐)
3
再構成演習
井上・鈴木(祐)
4
社会生活技能訓練(SST)演習 
井上・鈴木(祐)
5
心理社会的アセスメント演習(1) - メンタル・ステータス・イグザミネーションを用いて
井上・鈴木(祐)
6
心理社会的アセスメント演習(2) - メンタル・ステータス・イグザミネーションを用いて
井上・鈴木(祐)
7
心の病いを持つ人への看護 事例展開(1):オリエンテーション・対象理解のための情報の整理
井上・鈴木(祐)
8
心の病いを持つ人への看護 事例展開(2):対象理解のための情報の整理
井上・鈴木(祐)
9
心の病いを持つ人への看護 事例展開(3):対象理解のための情報の整理
井上・鈴木(祐)
10
心の病いを持つ人への看護 事例展開(4):対象理解のための情報の整理
-ストレングスマッピングシートを用いたロールプレイング-
井上・鈴木(祐)
11
心の病いを持つ人への看護 事例展開(5):対象理解のためのアセスメント
井上・鈴木(祐)
12
心の病いを持つ人への看護 事例展開(6):対象理解のためのアセスメント
井上・鈴木(祐)
13
心の病いを持つ人への看護 事例展開(7):中間発表
井上・鈴木(祐)
14
心の病いを持つ人への看護 事例展開(8):看護目標・看護計画の立案
井上・鈴木(祐)
15
心の病いを持つ人への看護 事例展開(9):発表・まとめ
井上・鈴木(祐)



検索・一覧に戻る