検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

成人看護学実習Ⅰ
ナンバリング
HN53127
専門分野
対象学科・専攻
看護学科
必修
配当年次
3
単位
3
時間
135
授業形態
実習
〇直成 洋子、佐藤 和子、小林 美智子、迫田 典子、南雲 秀子、稲葉 太香子
3年前期~4年前期
曜日・時限
月~金曜日 9:00~17:00
成人期の健康課題・問題を持つ対象と家族への看護実践能力を習得する。慢性的な経過をたどり、生涯にわたって生活のコントロールが必要な成人期ある対象の特徴を理解し、疾病や障害受容、生活の再構築、セルフケアに向けた看護実践を学ぶ。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1.健康障害や治療過程が、成人期の対象に及ぼす影響を理解することができる
2.対象(およびその家族)が疾病・障害を持ちながら生活調整・再構築に必要な看護援助を実践することができる。
3.慢性的な経過をたどり障害にわたりコントロールが必要な対象が、その人らしく生活するために必要な看護援助を実践することができる
4.対象(およびその家族)の退院後の生活の課題と看護の継続性を考えることができる。
※実習要項参照
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
小テスト
その他
自由記載
成人看護学実習評価表に基づいて評価する ※実習要項参照
知識・技術・態度の総合評価100%
実習後に合否について掲示
実習中、カンファレンスや中間・最終面接で随時学修内容を確認する
成人看護学概論、成人看護学方法論Ⅰ、成人看護学方法論Ⅱ、成人看護学方法論Ⅲ、成人看護学方法論Ⅳ、成人看護学演習のテキスト
成人看護学概論、成人看護学方法論Ⅰ、成人看護学方法論Ⅱ、成人看護学方法論Ⅲ、成人看護学方法論Ⅳ、成人看護学演習の参考書、資料
成人看護学概論、成人看護学方法論Ⅰ、成人看護学方法論Ⅱ、成人看護学方法論Ⅲ、成人看護学方法論Ⅳ、成人看護学演習
基礎看護学実習Ⅲ、成人看護学方法論Ⅰ、成人看護学方法論Ⅱ、成人看護学方法論Ⅲ、成人看護学方法論Ⅳの単位修得 
水曜日 12:10~12:50
成人看護学実習要項、共通要項を必ず持参する
病のある人を対象とするため、自分自身の健康管理に留意する
予習
事前学修課題:受け持ち患者の病態・症状・検査・治療、看護に関する内容について事前に学修する
復習
実習終了時に、この実習を通して得られた看護の学びについてプレゼンテーションし、学修の整理をする
実習終了後に成人看護学実習Ⅰに関連する問題を提示し学修の確認を行う

授業計画

授業内容
担当教員
1
実習期間
学内オリエンテーション(事前)、自己学習(学内)、報告会(学内)等を含めて病棟実習を3週間行う。
実習内容
原則として、1~2名の患者を受け持ち、看護過程を展開しながら患者に必要な看護援助を実践する。
※詳細は実習要項を参照
直成洋子
佐藤和子
小林美智子
迫田典子
南雲秀子
稲葉太香子



検索・一覧に戻る