検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

成人看護学実習Ⅱ
ナンバリング
HN53128
専門分野
対象学科・専攻
看護学科
必修
配当年次
3
単位
3
時間
135
授業形態
実習
○佐藤 和子、直成 洋子、小林 美智子、迫田 典子、南雲 秀子、稲葉 太香子
3年前期~4年前期
曜日・時限
月~金曜日 9:00~17:00
成人期の健康課題・問題を持つ対象と家族への看護実践能力を習得する。具体的には、手術療法を必要とする患者の特徴を理解し、急性期から回復期における看護実践について学ぶ。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1.健康障害や手術療法が、成人期の対象に及ぼす影響を理解することができる
2.対象(およびその家族)とともに最適な健康状態に回復するために必要な看護援助を実践できる
3.手術療法を受けた対象のQOLを高めるために必要な看護援助を実践できる
4.対象(およびその家族)の退院後の生活の課題と看護の継続性を考えることができる
医療施設で成人期にある患者を1~2名受け持ち、必要な看護援助を教員・施設の指導者の指導を受けながら実践する
体験学習である。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
小テスト
その他
自由記載
成人看護学実習評価表に基づいて評価する ※実習要項参照
実習期間内に総合的に評価を行う。
成人看護学概論、成人看護学方法論Ⅰ、成人看護学方法論Ⅱ、成人看護学方法論Ⅲ、成人看護学方法論Ⅳ、成人看護学演習 で使ったテキスト、資料、文献。
*基礎看護学実習Ⅲに合格していること
水曜日、12:10~12:50    17:00~18:00
*成人看護学実習要項、臨床実習共通要綱を必ず持参する。
予習
対象(およびその家族)の理解を深める事前学習2時間
復習
実習中は1日2時間の予習復習の自己学習をする。

授業計画

授業内容
担当教員
1
実習期間:
学内オリエンテーション(事前)自己学習(学内)等を含めて病棟実習3週間行う
〇佐藤和子
直成洋子
小林美智子
迫田典子
南雲秀子
稲葉太香子
2
実習内容
手術を受け、心身に急激な変化をきたす対象の状況に寄り添い、対象が回復し、退院後の生活に向けた実習内容の実習を行う*詳細は実習要項を参照する
〇佐藤和子
直成洋子
小林美智子
迫田典子
南雲秀子
稲葉太香子



検索・一覧に戻る