検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

助産管理学
ナンバリング
HN53169
専門分野
対象学科・専攻
看護学科
必修(助産師課程選択
配当年次
3
単位
1
時間
30
授業形態
講義
細川 さやか、古田 聡美
通年
曜日・時限
土曜日4限および夏休み期間の集中
助産業務についての管理、助産師に関連する各種関連法規、助産所の管理・運営についての基本や周産期医療システムについても広く学ぶことを目標にしている。また、周産期における医療安全の確保と医療事故への対応についても学ぶ。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1.助産師の業務範囲と助産管理の定義を理解する。
2.助産師の法的責任を理解する。
3.助産実践における管理の実際を理解する。
講義
演習
ロールプレイング
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
70%
学修目標に沿った内容についての理解度を問う。
実技試験
0
レポート
0
小テスト
0
その他
30%
演習内容および発表内容
自由記載
定期試験
演習終了後に振り返りを行う。
助産学講座10 助産管理 医学書院(ISBN:978-4-260-02175-3)
必要時講義内で提示する。
助産学概論、医療安全論、チーム医療論、医療チーム内のマネジメント
なし
月曜日:12時10分~13時
助産師国家試験受験の必須科目である。
予習
医療安全、保健師助産師看護師法、医療法について理解しておくこと。
グループワークを円滑に進めるために、既習内容を予習し講義に臨むこと。
復習
覚える内容が多いため、復習のためには、週に2時間は必要である。

授業計画

授業内容
担当教員
1
助産師の業務範囲、助産管理の定義、医療保険制度
細川、古田
2
関係法規と助産師の法的責任
細川、古田
3
周産期管理システム、母体搬送システム、オープンシステム、院内助産
細川、古田
4
リスクマネジメント
細川、古田
5
産科外来・助産師外来・母乳外来・専門外来
細川、古田
6
助産所における管理
細川、古田
7
NICUにおける管理と地域連携(ゲストスピーカー)
細川、古田
8
助産所管理グループワーク(理想の助産所を作ってみよう)
細川、古田
9
助産所管理グループワーク(理想の助産所を作ってみよう)
細川、古田
10
助産所管理グループワーク(理想の助産所を作ってみよう)
細川、古田
11
助産所管理グループワーク(理想の助産所を作ってみよう)
細川、古田
12
助産所管理グループワーク(理想の助産所を作ってみよう)
細川、古田
13
助産所管理グループワーク(理想の助産所を作ってみよう)
細川、古田
14
助産所管理グループワーク(理想の助産所を作ってみよう)
細川、古田
15
グループワークの発表とまとめ
細川、古田



検索・一覧に戻る