検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

地域母子保健学
ナンバリング
HN53268
専門分野
対象学科・専攻
看護学科
選択(助産師課程選択
配当年次
3
単位
1
時間
15
授業形態
講義
甲斐 寿美子
後期
曜日・時限
2月後半から3月前半に集中講義
住民の多様なニーズに対応した母子保健サービスを提供できるための知識および保健・医療・福祉関係者と連携・協働しながら地域の母子保健を推進することを学ぶ。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
①地域母子保健活動の意義がわかる。
②日本の母子保健活動の現状と動向がわかる。
③日本の母子保健行政の仕組みと展開がわかる。
④諸外国の母子保健活動の現状を知る
講義形式、アクティブラーニング
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
50%
講義内容の理解
実技試験
レポート
50%
プレゼンテーションの内容
小テスト
その他
自由記載
定期試験時期。レポートは授業開講時間内に提出する。
プレゼンテーションの後に、その内容について解説する。
助産学講座 9 地域母子保健・国際母子保健 医学書院 ISBN 978-4-260-02191-3
わが国の母子保健 平成31年 公益財団法人母子衛生研究会  ISBN 978-4-89430-071-2
新版 助産師業務要覧 第3版 [Ⅰ基礎編 ] 2020年版 日本看護協会出版会 ISBN 978-4-8180-2238-6
新版 助産師業務要覧 第3版 [Ⅱ実践編 ] 2020年版 日本看護協会出版会 ISBN 978-4-8180-2239-3
新版 助産師業務要覧 第3版 III アドバンス編 2020年版 ISBN 978-4-8180-2240-9
母性看護学概論
なし
金曜日5限
予習
受講前に母性看護学概論の内容を復習しておく。
復習
教科書と資料を見て内容を復習すること。

授業計画

授業内容
担当教員
1
地域の概念、日本における地域の特性と母子保健
甲斐
2
地域母子保健の現状と課題 ① 母子に関連する統計データから考える地域母子保健の現状と課題
甲斐
3
グループワーク 母子をめぐる地域環境の特徴と母子保健活動
甲斐
4
日本における主な母子保健制度    ① 健康診査・保健指導・療養援護
甲斐
5
本の地域母子保健行政の仕組み  ① 母子保健制度の歴史的推移、健やか親子21(第2次)、少子化対策
甲斐
6
グループワーク 母子をめぐる地域環境の特徴と母子保健活動 プレゼンテーション
甲斐
7
地域母子保健活動 女性のライフサイクルや状況に応じた支援 地域母子保健活動の基盤
甲斐
8
諸外国の母子保健
甲斐



検索・一覧に戻る