検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

医療以外の多職種との交流と発展
ナンバリング
HN54105
専門分野
対象学科・専攻
看護学科
必修
配当年次
4
単位
1
時間
30
授業形態
演習
甲斐 寿美子、齋藤 基
前期
曜日・時限
水曜日
看護の発展に必要な多職種との交流や共同とネットワークについて考える。4年次での演習科目であり、1年次、2年次、3年次の学習が進むにしたがって漸次積み上げた最後の学習となる。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1.人々の健康と医療・看護・福祉多職種の協働やチーム医療の必要性について説明できる。
2.医療職以外多職種と看護職との協働について考えられる。
3.焦点をあてた職種について、医療・看護職との協働が人々の健康生活にどのような影響を与えるのか説明できる。
4.グループワーク、ヒィールドワークを通して看護職の役割について考えを深めることが出来る。
①講義形式
②アクティブラーニング
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
理解度を確認する確認テスト
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
50%
授業を通して看護に対する考えがどう変化したか。
小テスト
その他
50%
グループワーク、フィールドワーク、プレゼンテーションへの取り組みの積極性。
自由記載
レポート提出は終講後1週間程度
看護学に関する既習学習全般
なし
金曜日5限
参考書、資料はグループワークやフィールドワークの中で主体的に探索すること。
グループの学修計画には、フィールドワークや体験学習を導入する。
予習
復習

授業計画

授業内容
担当教員
1
人のライフサイクルと健康、人々の健康的生活のを支援する医療・看護・福祉職の協働について
甲斐・齋藤
2
さまざまな健康段階にある人がより豊かに生活できる社会
医療職以外の多職種と人の健康生活との関り
甲斐・齋藤
3
グループワーク
人々の健康的な生活のためにどのような職種があるか、医療・看護・福祉職との関連について考える。
甲斐・齋藤
4
グループワーク
グループが焦点を当てる職業を選択し、今後の学修計画を立てる。
甲斐・齋藤
5
学修計画に沿って学修を進める。
甲斐・齋藤
6
学修計画に沿って学修を進める。
甲斐・齋藤
7
学修計画に沿って学修を進める。
甲斐・齋藤
8
学修計画に沿って学修を進める。
甲斐・齋藤
9
学修計画に沿って学修を進める。
甲斐・齋藤
10
学修計画に沿って学修を進める。
甲斐・齋藤
11
学修計画に沿って学修を進める。
甲斐・齋藤
12
グループごとに学修のまとめ、発表準備、資料作成。
甲斐・齋藤
13
グループごとに学修のまとめ、発表準備、資料作成。
甲斐・齋藤
14
発表
甲斐・齋藤
15
発表 まとめ
甲斐・齋藤



検索・一覧に戻る