検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

看護倫理学
ナンバリング
HN54155
専門分野
対象学科・専攻
看護学科
選択
配当年次
4
単位
1
時間
15
授業形態
講義
川本 利恵子
前期
曜日・時限
集中講義
教養分野における「倫理学」および「生命倫理」の理解を踏まえ、倫理の原則や倫理規定から、看護職に求められる倫理について学習するとともに、現在の医療・看護の場において看護職が遭遇する倫理的問題・ジレンマ等についての学習を通して、看護職としての倫理観を構築すること、さらに、倫理的問題解決のために活用できる理論・対処方略について学習し、倫理的視点から看護職として適切な判断・行動が取れるようになることをねらいとする。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
既習の「倫理学」および「生命倫理」の基盤に、倫理の原則や倫理規定から、生命倫理と医療倫理、さらに看護実践における倫理の重要性について学習し、保健医療福祉の現場において、看護職が遭遇する倫理的問題・ジレンマ等を通して、看護職としての倫理観を構築する。そして、倫理的問題解決にむけた理論・対処方略について学習し、倫理的視点から看護職として適切な倫理的意思決定プロセスが取れるようになることをねらいとする。
パワーポイントと資料を用いた講義の後、課題に基づいてグループワーク演習を行う。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
100%
小テスト
その他
自由記載
レポート提出時(提出日時、場所は別途提示)
 特に指定しない 配布プリント
講義中に適宜紹介
講義当日の休み時間
予習
既習の倫理学と生命倫理の資料を振り返っておくこと
復習
配布資料と講義の内容を見直し、自分の考えをまとめておくこと

授業計画

授業内容
担当教員
1
倫理的価値観、価値観の形成、それに伴う葛藤の過程
川本
2
倫理の原則や倫理規定と保健医療福祉における倫理的課題
川本
3
看護実践での倫理的基盤(1)
川本
4
看護実践での倫理的基盤(2)
川本
5
看護実践での倫理的意思決定プロセス
川本
6
看護実践における倫理的意思決定に関する演習(1)
川本
7
看護実践における倫理的意思決定に関する演習(2)
川本
8
演習事例に関する意見交換
川本



検索・一覧に戻る