検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

助産学実習
ナンバリング
HN54270
専門分野
対象学科・専攻
看護学科
必修(助産師課程選択
配当年次
4
単位
11
時間
495
授業形態
実習
甲斐 寿美子、小山田 路子、細川 さやか、内田 裕子、古田 聡美、大畑 美奈子、柴田 真希、鈴木 恵美
後期
曜日・時限
6 月後半から10月に集中
助産の対象となる人々に対して、科学的根拠に基づく助産診断・技術を統合した助産活動を実践することを通して、助産における看護実践能力を高めることを目的にしている。実習を通して助産実践に関わるアセスメント能力、助産技術を習得する。また、助産診断に基づき、正常分娩に関する助産技術を習得する。母子及び家族に関しては、助産学の視点から母子や家族の健康を増進し、地域への継続した支援に繋がる援助ができることを目指している。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
妊娠・分娩・産褥期にある女性とその家族に対し、助産過程を展開し基本的な助産診断および助産実践能力を育成する。
実習
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
小テスト
その他
自由記載
分娩介助10例 継続事例1例について総合的に評価する。実習の目的・目標に照合し、出席状況、実習記録、学生の自己評価などを含め、評価表を用いて総合的に評価する。分娩介助は段階的に評価するため、評価基準に達しない場合は、途中で実習を中止することがある。
個々の学生に対して、日々の実習中に、技術、知識、態度に関する振り返りを行う。
これまでの学習テキスト
学修状況に応じて、随時紹介する。
助産学概論、基礎助産学Ⅰ、基礎助産学Ⅱ、助産診断・技術学概論、助産診断・技術学方法論、助産診断・技術学演習Ⅰ、助産診断・技術学演習Ⅱ、助産診断・技術学演習Ⅲ、地域母子保健学
なし
月曜日:12時10分~13時
助産師国家試験受験の必須科目である。 助産学実習は、緊張感を伴った長期間の実習となります。心身の健康管理をしっかり行って、母子の安全と安楽に配慮した援助を提供するための助産診断能力が求められます。分娩介助1例1例の助産過程を丁寧に振り返り、自己の課題を明確にしながら実習を進めてください。 
予習
これまでの学習を復習したうえで臨むこと。
復習
日々実習内容の振り返りをする。

授業計画

授業内容
担当教員
1
*4年次前期前半までの学習で積み重ねた関連領域の知識と技術の上に、助産学の学習を統合させ、実践能力を育成する。
*正常に経過する妊産婦と子どもおよび家族を対象に、妊娠期~産褥期・新生児期を通じて継続した学びを統合する。
全担当教員
2
*継続事例では、妊娠期、産褥期の保健指導を実施・評価する。
*分娩介助事例は、安全性と快適性に配慮したケアを学ぶため、入院から退院までを受け持ち、助産過程の展開をする。
全担当教員
3
*継続事例は、妊娠中期から、産後1か月までを受け持ち、助産過程を展開し、継続的な支援について学習する。
全担当教員



検索・一覧に戻る