検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

薬理学概論
ナンバリング
HR22213
専門基礎科目
対象学科・専攻
理学療法学専攻、作業療法学専攻
選択
配当年次
2
単位
1
時間
15
授業形態
講義
齋藤 文仁
後期
曜日・時限
木曜日2限
薬剤の使用目的、効能、使用方法、禁忌事項などについて理解することを目的とする。具体的には、薬剤の使用目的については、疾患の原因を取り除く原因療法、体内に欠乏する物質を補う補充療法、疾患の原因を取り除くことができなくとも病気による不快な症状を取り除く対症療法、インフルエンザワクチンなどのような予防接種等について学習する。また、抗炎症薬、降圧薬、糖尿病治療薬など、リハビリテーションの対象者が服用している可能性が高い薬物については、訓練との関係から禁忌事項などについても学習する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1) 学生は理学療法・作業療法に関連する疾患における薬物治療について説明できる。
2) 学生は理学療法・作業療法に関連する疾患に使用される薬物の作用機序を説明できる。
3) 学生は理学療法・作業療法に関連する疾患に使用される薬物の薬物動態を説明できる。
4) 学生は理学療法・作業療法に関連する疾患に使用される薬物の有害反応を説明できる。
5) 学生は理学療法・作業療法に関連する疾患に使用される薬物の理学療法・作業療法における注意点を説明できる。
6) 学生は理学療法・作業療法に関連する疾患に使用される薬物の情報を調べることができる。
7) 学生は薬物の誤用・濫用、薬害について説明できる。
①プレゼンテーション:パワーポイントと配布資料により授業を進める。
②授業形態:講義方式(ただし、第8回は演習形式でこれまでに学習した項目の復習を行う。)
③アクティーブラーニング:授業時間内に理解度を確認する確認テストを施行し、フィードバックとして解説を行う。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
80%
筆記試験
実技試験
レポート
小テスト
20%
授業時間内の確認テスト
その他
自由記載
全講義終了後の翌週に期末試験を行う。
テキストは使用しない。講義時にプリントを配布する。
なし
授業終了後20分間質問の時間を設けます
予習
原則として授業前に講義内容に関連する課題を出すので、これにそって事業内容の予習をすること(60分)
復習
授業後は講義プリントを参照しながら復習し、確認テストの解答を各自確認すること(120分)

授業計画

授業内容
担当教員
1
薬理学総論:薬物受容体の概念、用量反応曲線
齋藤
2
薬理学総論:神経伝達物質と受容体、細胞内情報伝達
齋藤
3
臨床薬理学:薬物動態学
齋藤
4
薬理学各論:アレルギー・炎症、呼吸器系疾患治療に使用する薬物
齋藤
5
薬理学各論:感染症・がん治療に使用する薬物
齋藤
6
薬理学各論:循環器系疾患治療に使用する薬物
齋藤
7
薬理学各論:代謝疾患治療に使用する薬物
齋藤
8
演習問題による振り返り
齋藤



検索・一覧に戻る