検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

内科学
ナンバリング
HR22214
専門基礎科目
対象学科・専攻
理学療法学専攻、作業療法学専攻
必修
配当年次
2
単位
2
時間
30
授業形態
講義
長田 尚彦
後期
曜日・時限
木曜日5限(土曜日4限5限)
内科の主要な疾患と、その治療などについて理解することを目的とする。具体的には、内科学診断法の概要、主要疾患の病態、病理、症状、理学的検査、生理検査、治療方法、予後などについて学習する。また、リスク管理との関連で、血圧、脈拍、呼吸などのバイタルサインの見方と意義、このほか心電図の読解、レントゲン写真の読影などについての基本的な事項を学習する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
主に解剖、病理、生理学を基礎とする臨床医学としての内科学を学ぶことを通して、各種疾病に対する、深い知識を習得しする事で、将来臨床の現場での患者さんに対する、診断、治療の面で、役立つ様な教育内容を目指すことを目的とする。この科目を修得することによって、臨床系のリハビリテーションの専門分野の基礎力を付けることが出来、より深い専門知識、技術を習得することが出来る。
座学にて行う
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
100%
筆記試験
実技試験
レポート
小テスト
その他
自由記載
後期試験期間中に行う
シンプル内科学  寺野彰著、南光堂(ISBN:978-4-524-22344-2) 
よくわかる内科  福山裕三著、金原出版
なし
理学療法士、作業療法士にとって将来臨床の現場で役に立つ、内科的知識を講義する。国家試験の出題範囲を網羅して講義を行う。
予習
復習

授業計画

授業内容
担当教員
1
内科学とは、診断の進め方、検査と治療法
長田
2
新しい医学、医療システム
長田
3
感染症
長田
4
循環器疾患
長田
5
呼吸器疾患
長田
6
消化器疾患
長田
7
肝、胆道、膵疾患
長田
8
腎、泌尿器系疾患
長田
9
内分泌、代謝疾患
長田
10
自己免疫、アレルギー疾患
長田
11
血液疾患
長田
12
中毒、環境要因による疾患
長田
13
脳神経、筋疾患
長田
14
精神疾患
長田
15
まとめ(心電図、レントゲン読影)、国家試験の傾向
長田



検索・一覧に戻る