検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

整形外科学
ナンバリング
HR22216
専門基礎科目
対象学科・専攻
理学療法学専攻 作業療法学専攻
必修
配当年次
2
単位
2
時間
30
授業形態
講義
浜田 良機
後期
曜日・時限
木曜日 1限
リハビリテーションの対象となることの多い整形外科疾患と、その治療などについて理解することを目的とする。具体的には、整形外科の対象となる骨・関節・筋・神経・軟部組織等の運動器に関する疾患や障害についての病態、病理、臨床症状、治療手技、予後等について、また、整形外科領域で汎用される義肢・装具について学習する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
①運動器疾患・外傷の病態に応じた基本的治療法(内容)を説明できる。
②運動器の治療のなかで、理学療法士、作業療法士が果たさなければならない役割を的確に説明できる。
③運動器疾患・外傷による機能障害の評価法を列挙できる。
④障害に対する評価に基づいて理学療法を活用した基本的な治療計画を作成できる。
①プレゼンテーション;パワーポイントと配布資料により授業を進める。
②授業形態;講義形式
③アクティーブラーニング;その理解度を確認する確認テストを施行する。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
理解度を確認するために各講義の最後に小試験を行う。
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
70%
臨床の現場で遭遇する頻度の高い整形外科的疾患・外傷の病態・治療法の基礎を理解していること。
実技試験
レポート
小テスト
30%
毎回の講義内容を理解していること。
その他
自由記載
定期試験時と各講義内におこなう。
次回の講義で理解度確認試験の内容を解説し、学生の解答状況からその問題点を指摘し、解説を行う。
テキスト TEXT整形外科 第4版 南山堂 ISBN978-4-525-32054-6                                    
参考書 PT、OTのための運動学テキスト 第3版 金原出版 ISBN978-4-307-75044-8
解剖学、病理学、運動学、医用画像解析学概論、保健医療英語入門
なし
月曜日 12:10-13:00   木曜日12:10-13:00  S212教室
実際の臨床では、専門用語に関する知識、ならびに画像読影力が要求される。講義を通じて日本語、英語で専門用語をよく覚えるとともに、画像診断の力をつける努力をすること。
定期試験時の試験は、国家試験の出題形式に準じた内容で行う。
予習
教科書の当該ページを読み予習しておくこと(毎講義開始前1時間)
復習
講義資料、学習ノート、教科書を見直し、内容を理解して自分のものとすること(毎授業終了後3時間)

授業計画

授業内容
担当教員
1
運動器の構造と機能(骨、関節、神経、筋、靭帯)
浜田
2
運動障害の診断と治療              ①脊椎の疾患と外傷ー1
浜田
3
                        ②脊椎の疾患と外傷ー2
浜田
4
                        ③脊椎の疾患と外傷ー3
浜田
5
                        ④絞扼性神経障害
浜田
6
                        ⑤肩甲帯・肩関節の疾患と外傷
浜田
7
                        ⑥上腕・肘関節周囲の疾患と外傷
浜田
8
                        ⑦前腕・手の疾患と外傷
浜田
9
                        ⑧骨盤・下肢の疾患と外傷
浜田
10
                        ⑨下肢の小児疾患
浜田
11
                        ⑩靭帯、腱損傷、熱傷、スポーツ障害
浜田
12
                        ⑪代謝性骨疾患を基盤とした外傷
浜田
13
                        ⑫変形性関節症
浜田
14
                        ⑬関節リウマチ、骨・軟部腫瘍、先天奇形
浜田
15
救急医学
浜田



検索・一覧に戻る