検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

小児科学
ナンバリング
HR22219
専門基礎科目
対象学科・専攻
理学療法学専攻、作業療法学専攻
必修
配当年次
2
単位
1
時間
15
授業形態
講義
三宅 捷太
後期
曜日・時限
土曜日1限~4限(集中)
小児疾患とその治療などについて、理解することを目的とする。具体的には、小児の成長・発達過程、及び小児リハビリテーションの対象となる脳性麻痺や知的障害、筋ジストロフィーなどの小児疾患の病態、症状、治療方法、予後について学習する。また、最近は、作業療法士が新生児ICU(NICU)で、あるいは退院後の経過観察の中で未熟児に接する機会が増加しているため、その評価、及び超早期療育、重症心身障害児の療育について学習する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
○各種小児疾患の原因や病態について説明できる。
○各種小児疾患の医学的対応について説明できる。
○新生児ICUにおける、理学・作業療法評価及び訓練について説明できる。○重症心身障害児、発達障害児等の理学・作業療法士の対応の概要について説明できる。
○重症心身障害児、発達障害児等の医療・福祉・教育の連携について説明できる。
プロジェクターを使用し座学形式で行う。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
40%
筆記試験
実技試験
レポート
30%
小テスト
その他
30%
授業感想点
自由記載
定期試験時に施行する。
伊藤利之他編著 「こどものリハビリテーション医学 第2版」 医学書院 ISBN978-4-260-00342-1
遠藤郁夫他編著「子どもの保健Ⅰ」学建書院 ISBN978-4-7624-0880-9
なし
授業終了後10分間、質問を受け付ける。
12/21、1/18、の集中講義とする。(1限~4限)
座席は前につめて座ること。
予習
復習

授業計画

授業内容
担当教員
1
新生児・未熟児疾患・先天異常及び遺伝病
三宅
2
神経筋疾患Ⅰ
三宅
3
神経筋疾患Ⅱ
三宅
4
循環器・呼吸器疾患
三宅
5
その他の疾患Ⅰ(消化器・内分泌・代謝等)
三宅
6
その他の疾患Ⅱ(血液・免疫・アレルギー・腎・腫瘍等)
三宅
7
新生児ICUにおける・重症心身障害児・発達障害児と理学・作業療法
三宅
8
重症心身障害児、発達障害児の医療・福祉・教育の連携 まとめ
三宅



検索・一覧に戻る