検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

医用画像解析学概論
ナンバリング
HR23121
専門基礎
対象学科・専攻
理学療法学専攻、作業療法学専攻
必修
配当年次
3
単位
1
時間
15
授業形態
講義
関根 紀夫
前期
曜日・時限
金曜日4限5限
医用画像解析学概論では、実際の各種の画像と病態との結びつきを理解することを目的とする。具体的には、単純Ⅹ線写真、断層Ⅹ線写真、CTスキャン、MRI等の原理、画像の見方、及び所見から推測される病態について、また、核医学等の放射線治療学の概要について学習する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
X線画像、CT、MRI、超音波、核医学などの各種医用画像の撮像原理を学び、人体の画像解剖学を基礎に疾病による形態上の変化や特徴を関連づけることができる。
印刷物を配布し、パワーポイントによるプレゼンテーションと板書での講義形式ですすめる。
授業終了後、理解度を測るため出席カードの裏面にミニッツペーパー(コメントシート)の記載を求める。
第8回では、学生間グループワークによる発表を行う。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
ミニッツシート
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
100
筆記試験
実技試験
レポート
小テスト
その他
自由記載
全講義終了後の翌週(5/17)に期末試験を行う予定。
テキストは特に使用しない。授業でプリントを配布して講義を行う。
リハビリテーション医療に活かす画像のみかた -症例から学び障害を読み解く
水間正澄、川手信行:編 (南江堂)ISBN : 978-4-524-25907-6
PT・OTのための画像のみかた 第2版 山下敏彦、下濱 俊:編(金原出版)ISBN:978-4-307-75057-8
解剖学
なし
質問・連絡などがある場合は、講義後もしくはメールしてください。
講義日は、4/17、4/24、5/1、5/8の予定です。
座席を指定します。
予習
復習

授業計画

授業内容
担当教員
1
ガイダンス、 医用画像の種類(X線・CT・MRI・超音波・核医学)と特徴
関根
2
脊椎・脊髄画像の理解
関根
3
脳画像の理解 1
関根
4
脳画像の理解 2
関根
5
骨・関節画像の理解 1
関根
6
骨・関節画像の理解 2
関根
7
胸腹部画像、摂食嚥下障害の理解
関根
8
ケース・スタディ
関根



検索・一覧に戻る