検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

理学療法評価学A(四肢周径・バイタルサイン等評価)
ナンバリング
HR31105
専門科目
対象学科・専攻
理学療法学専攻
必修
配当年次
1
単位
1
時間
30
授業形態
講義
鈴木 輝美
前期
曜日・時限
月曜日5限
理学療法の基本となる四肢周径及びバイタルサインについて、検査・測定に基づく評価法に関する知識を学ぶことを目的とする。具体的には、解剖学や生理学で学んだ基礎知識を理学療法と関連付けて考えられるように学習する。そこから、自ら仮説を立てて、患者の疾病の特定部位を判断するための筋・腱の触診、四肢の長さや太さの測定を行う事を理解する。また、理学療法を実施する上で欠かせないリスク管理に必要なバイタルサインの測定の意義、それぞれの知識および技術などを理解する。さらに、検査・測定で得られた結果の解釈及び治療の可否等の判断をするために必要な知識を習得する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
・理学療法評価とは何か?について他者に説明できる。 ・バイタルサインの一つ一つについて、生理学的に説明できる。
・バイタルサインの一つ一つの測定の意義と測定方法および解釈を説明できる。・理学療法士としてバイタルサインの測定を行う事は、どのように役立てることができるか説明できる。・形態測定とは何か、どのような種類があり、理学療法を行う上でどのように役立てることができるか説明できる。
資料を配布した後、その順番に沿ってパワーポイントで説明しながら講義を進める。講義中には多くの学生に質問を行い理解度を確認しながら進める。理解度の確認と復習も兼ねたワークシートを毎回配布し、講義後に提出してもらう。ワークシートの内容から理解が不十分な点について次回の講義の最初に説明を行った後、新しく学修する内容に進む。授業方法はmeetを使用したライブ授業(授業を録画した動画も掲載)にて、双方向で行う。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
80%
提示した問題を確認する試験(中間試験)とその知識を利用した試験(本試験)の平均点を定期試験の点数として、その80%
実技試験
レポート
10%
毎回配布されるワークシートの点数の合計点分の20%
小テスト
その他
10%
復習内容が分かるノートと学修過程が分かるポートフォリオ(調べた資料のコピー等も入れる)
自由記載
講義終了後に中間試験を実施し、まとめと中間試験の復習後に本試験を行う。
運動療法のための機能解剖学的触診技術下肢  メジカルビュー社 ISBN978-4-7583-1137-3
運動療法のための機能解剖学的触診技術上肢  メジカルビュー社 ISBN978-4-7583-1136-6
リハビリテーション運動生理学 メジカルビュー社 ISBN978-4-7583-1719-1
1年年前期科目 解剖学の知識が必要
なし
月曜日の昼は必ず部屋におります。その他の日時において講義内容に関する質問がある場合、日程を調整しますので、事前に連絡をお願いします。
「解剖学」、「生理学」等の医学基礎知識をベースとして学習を行うので、1年次で開講されている科目の学習は不可欠です。 授業の進度、その他必要に応じてこの授業内容を変更することがあります。授業を受ける際には少し前に教室に入り、授業に向かう姿勢を整えるのが大切です。臨床実習でとても重要な10分前行動をする習慣を身に着けて下さい。遅刻は欠席とします。
予習
毎回の講義前はシラバスを見て、対応する箇所の資料やテキストを読んでおくこと。
復習
講義終了後は自ら分からない事について調べてノートに記載する。ノートには補足、疑問、前回までの復習、関連付け、テキストや資料よりも分かりやすい本を図書館などで探して、理解しやすい図などをコピーして添付する。

授業計画

授業内容
担当教員
1
オリエンテーション、評価の意義・目的、運動の面、軸、方向、姿勢の表し方
鈴木
2
バイタルサインについて、各論:血圧
鈴木
3
各論:血圧続き
鈴木
4
各論:脈拍
鈴木
5
各論:脈拍続き
鈴木
6
各論:呼吸数、体温
鈴木
7
各論:意識レベル
鈴木
8
バイタルサインまとめ
鈴木
9
形態測定について
鈴木
10
形態測定(続き)、肢長・周径の目的と測定方法
鈴木
11
触診について、表面解剖
鈴木
12
触診に必要な解剖学的特徴:肩甲帯周囲と上肢
鈴木
13
触診に必要な解剖学的特徴:骨盤・下肢
鈴木
14
肢長・周径に必要なランドマークについて
鈴木
15
まとめ
鈴木



検索・一覧に戻る