検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

理学療法評価学B(関節可動域・筋力等評価)
ナンバリング
HR32107
専門科目
対象学科・専攻
理学療法学専攻
必修
配当年次
2
単位
1
時間
15
授業形態
講義
羽田 圭宏
前期
曜日・時限
水曜日2限
理学療法を実施するにあたって、全ての疾患に共通する関節及び筋力について、検査・測定に基づく評価法に関する知識を学ぶことを目的とする。具体的には、頭部から四肢・体幹・手指の全ての関節の動きを検査し記録する関節可動域測定、全身の筋肉のひとつひとつの筋力を検査し記録する徒手筋力検査法について学習する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
①理学療法診断過程における関節可動域および筋力評価の意義を説明することができる.
②関節の構造と機能,可動域制限の原因,測定方法,記録およびデータの解釈について説明できる.
③筋の構造と機能,筋力低下の原因,測定方法,記録およびデータの解釈について説明できる.
1:パワーポイントと配布印刷物を用いて測定方法の意義・目的について説明をします
2:講義はじめに、講義内容と到達目標を示し、その内容に沿って講義を行います
3:講義は質問形式で行います
授業方法はクラスルームを使用し、録画授業にて行う
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
40%
筆記試験(授業全般においてその内容について理解してきてください)
実技試験
レポート
60%
毎回、提示される課題レポート
小テスト
その他
自由記載
試験日、試験方法に関しては、追って連絡をいたします。
試験を採点後、要点をまとめて配布します
津山直一,中村耕三(訳) 新徒手筋力検査法 協同医書出版社 978-4-7639-0038-8
リハビリテーション基礎評価学第1版 羊土社 ISBN978-4-7581-0793-8
市橋 則昭 (編) 運動療法学 第2版 障害別アプローチの理論と実際 ISBN978-4-8306-4503-7
随時紹介していく
運動学/理学療法評価学A/理学療法評価学A演習
なし
毎週 月曜日11:30-12:50 / 講義に関する質問については随時受けつています。
必ず、テキスト持参のうえで受講をお願いします。
講義開始5分間には集合ください。
予習
予習内容に関しては、講義中に示します、各自教科書・参考書を参考に準備してきてください。(毎授業開始前40分)
復習
講義資料と教科書を見直して内容を理解してきてください。(毎授業終了後20分)

授業計画

授業内容
担当教員
1
オリエンテーション・関節の構造と機能(遠隔授業)
羽田
2
関節可動域制限の原因と病理(遠隔授業)
羽田
3
関節可動域の測定方法と記録方法および解釈①(遠隔授業)
羽田
4
関節可動域の測定方法と記録方法および解釈②(遠隔授業)
羽田
5
筋の構造と機能(遠隔授業)
羽田
6
筋力低下の原因と病理(遠隔授業)
羽田
7
筋力測定と記録方法および解釈①(遠隔授業)
羽田
8
筋力測定と記録方法および解釈②(遠隔授業)
羽田



検索・一覧に戻る