検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

装具学(理学療法)
ナンバリング
HR33128
専門科目
対象学科・専攻
理学療法学専攻
必修
配当年次
3
単位
1
時間
30
授業形態
演習(講義)
手塚 潤一
前期
曜日・時限
金曜日3限
装具について総合的に学習し、装着及び基本的な装具の制作が出来ることを目的とし、評価実習をはじめとする今後の臨床場面でこれを活かせるようにする。具体的には、総論として、装具の定義、歴史、目的、最近の動向を学習する。各論では、上肢・手指・下肢・体幹装具・自助具・歩行補助具について、構造、機能材料、製作過程、適合判定について学習する。また、簡易な装具・自助具については、対象者に合わせて作製できるように、その手法を学ぶ。装具の構造理解ができた上で、装具の装着訓練方法、装具使用での動作訓練法を学習する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1.装具の目的、構造、適応について説明できる。
2.装具の装着、保管、調整ができる。
3.装具が人体に与える影響を理解し、バイオメカニクス的な視点で動作分析ができる。
MEETを利用した双方向授業、パワーポイントを利用した授業動画、実際の装具の扱いを解説した動画などの視聴を組み合わせて行う。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
100
指定された課題に対し、レポートを提出する。
小テスト
その他
自由記載
授業最終日にレポート提出日を指定する。
メールでの質問等は随時受け付ける。
石川朗、佐竹將宏編集 「15レクチャーシリーズ 理学療法テキスト 装具学」 中山書店 ISBN:978-4-521-73226-8
川村次郎編集「義肢装具学」 医学書院 ISBN978-4-260-00510-4 
1年前期科目 解剖学の知識が必要
1年後期科目 運動学の知識が必要
なし
オフィスアワー月曜日12:10~12:50 S321研究室 e-mail: j-tezuka@u-ths.ac.jp
予習
装具学を理解するために必要な、解剖学、運動学、力学などの知識の身体の部位ごとに整理をしておくこと。(30分)
復習
装具の構造、名称、適応などの復習をしておくこと。(30分)

授業計画

授業内容
担当教員
1
装具、装具療法とは(課題学習)
手塚
2
下肢装具の部品とその機能(課題学学習)
手塚
3
短下肢装具(課題学習)
手塚
4
長下肢装具
手塚
5
靴形装具
手塚
6
下肢装具の歩行分析(演習)
手塚
7
下肢装具の歩行分析(演習)
手塚
8
下肢装具のチェックアウト
手塚
9
体幹装具、側彎症装具
手塚
10
上肢装具と自助具
手塚
11
疾患別装具の処方 (1)脳卒中片麻痺の装具
手塚
12
疾患別装具の処方 (2)整形外科疾患の装具
手塚
13
疾患別装具の処方 (3)関節リウマチの装具
手塚
14
疾患別装具の処方 (4)対麻痺・小児の装具
手塚
15
まとめ 装具学総括
手塚



検索・一覧に戻る