検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

地域理学療法学
ナンバリング
HR33231
専門科目
対象学科・専攻
理学療法学専攻
必修
配当年次
3
単位
1
時間
15
授業形態
講義
○小島 基永、吉井 智晴、石橋 光平 (オムニバス)
後期
曜日・時限
木曜日3限
地域リハビリテーションの分野で理学療法が実施できるための実践的な支援についての方法を身に付けることを目的とする。具体的には、地域リハビリテーション学で学んだ地域での基本的支援を基に、理学療法士として、対象者を生活者としてとらえ、心身の機能を把握した上で、その人に合った方法や必要なサービスをどのようにコーディネイトしていくかを理解する。そのために包括的な視点から理学療法のあり方を捉え、問題解決指向型の学習により身に付ける。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
地域に暮らす高齢者や障害者を生活者としてとらえ、包括的な視点から理学療法のあり方を理解した上で、地域での理学療法実施の計画が立てられる。
講義、演習
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
60
筆記試験
実技試験
レポート
40
レポート課題
小テスト
その他
自由記載
第8回の講義後、翌々週に行う。
レポート課題のフィードバックは返却時、その他は下記オフィスアワーにて行う。
特に指定しない。必要に応じて配布する。   
地域リハビリテーション論(Ver. 6) 大田仁史 他  三輪書店 ISBN978-4-89590-518-3
4年次後期には、この科目で学修した内容に基づく科目「地域理学療法学演習」が配置されている。
なし
火曜日11時30分から12時30分 W416研究室(小島)、 水曜日11時30分から12時30分 W423研究室(吉井)
予習
「地域リハビリテーション学」の教科書の関連するページを読み予習をしておく(毎授業開始前1時間)
復習
講義資料と予習時の教科書を見直して内容を自分のものとする(毎授業終了後2時間40分)

授業計画

授業内容
担当教員
1
地域理学療法概論
小島
2
介護予防概論
小島
3
介護予防プログラム:口腔機能向上・栄養改善・認知機能低下
小島
4
介護予防事業評価・地域高齢者ケアマネジメント
小島
5
地域での生活を包括的に支える理学療法士の実践事例
石橋
6
入所サービス・通所サービスにおける理学療法の展開
吉井
7
訪問における理学療法の展開・在宅でのリスク管理
吉井
8
生活環境整備における理学療法士の役割
吉井



検索・一覧に戻る