検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

理学療法学概論2(理学療法トピックス)
ナンバリング
HR34202
専門科目
対象学科・専攻
理学療法学専攻
必修
配当年次
4
単位
2
時間
30
授業形態
講義
吉井 智晴
後期
曜日・時限
火曜日1限・2限
臨床現場での理学療法に関する最新のトピックスを知ることによって、様々な出来事とその対応策を学び、対応能力を身につける。具体的には、医療保険における4大疾患(運動器疾患・脳血管疾患・呼吸器疾患・心大血管疾患)に係る理学療法の最新トピックスや福祉分野での介護保険サービスの現状や起業について、現職の理学療法士をゲストスピーカーとして招聘し学習する。理学療法に関する最新の知識を得るとともに、自分の将来像を確立する手助けとする。担当教員は、ゲストスピーカーのコーディネートを担当するとともに、理学療法士の現状と今後の課題をまとめる。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1)医療保険制度、介護保険制度、福祉機器の最新動向について説明できる。
2)地域防災や災害時のリハビリテーションについて説明できる。
3)最新情報と臨床実習での経験とを合わせて、再考し、生涯学習、探究心の心構えの醸成をはかる。
講義はパワーポイントを使用し、実践的な内容についてはグループワークと発表の形式をとる。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
60%
個人レポート(30%)・グループプレゼンテーション成果物(30%)
小テスト
その他
40%
グループディスカッションへの貢献度・プレゼンテーション
自由記載
特に定めない  資料を配布する 
なし
水曜日:11:30~12:30 W423
予習
シラバスのテーマについて事前学習し、自分なりの意見をもって授業に臨むこと
復習
授業内容やグループディスカッションでの意見を振り返り、自分の思考を広げること

授業計画

授業内容
担当教員
1
医療保険制度・介護保険制度の動向
吉井
2
国際福祉機器展参加
吉井
3
国際福祉機器展参加
吉井
4
最新の福祉機器とその活用可能性についてグループワーク
吉井
5
最新の福祉機器とその活用可能性についてグループワーク
吉井
6
グループ発表(グループで推奨する福祉機器について発表・質疑応答)
吉井
7
当事者の語り(ナラティブ)から理学療法を再考する
吉井 ゲストスピーカー
8
IPW(Interprofessional Work)に向けてー多職種でケアを考える
吉井
9
地域防災・災害時リハビリテーションの基礎・多摩市医療系防災訓練事前オリエンテーション
吉井
10
多摩市医療系防災訓練参加
吉井
11
多摩市医療系防災訓練参加
吉井
12
地域防災・災害時における理学療法士の役割 グループワーク
吉井
13
地域防災・災害時における理学療法士の役割 グループワーク
吉井
14
グループ発表(グループワークの結果の発表・質疑応答)
吉井
15
グループ発表(グループワークの結果の発表・質疑応答)
吉井



検索・一覧に戻る