検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

基礎作業学演習B(作業分析等)
ナンバリング
HR42104
専門科目
対象学科・専攻
作業療法学専攻
必修
配当年次
2
単位
1
時間
30
授業形態
演習
〇浅沼 辰志、野本義則
前期
曜日・時限
水曜日2限
作業療法において、作業を治療的に用いるための基礎能力を身につけることを目的とする。具体的には、「基礎作業学概論」で学習した作業分析の方法を基に、作業活動が人間に与える影響について、身体、心理、社会などの側面から作業分析を行って明らかにするとともに、いくつかの作業種目に関して、作業療法で治療的に応用する場合に必要な材料、工具、注意事項などの基礎知識、及び指導法について演習を通じて学習する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
GIO1:対象者の治療目標と治療手段としての作業のマッチングについて理解する。SBO①治療目標に合致した治療手段としての作業を選択できる。②包括的な作業分析が実施できる。③包括的な分析からその作業がどの範囲の治療目標に適用できるか想定できる。④作業のもつ多くの側面が治療的にどのように作用するか1症例を挙げて説明できる。
GIO2:対象者に治療的な作業を指導できる能力を養う。SBO①種々の障害によって困難な点を体験する。②設定した対象者にどのような治療理論を用いたらよいか文献をもとにその理由を述べることができる。③対象者に応じた指導案が作成できる。④作業の段階づけを説明できる。⑤指導に必要な道具や材料を準備できる。⑥対象者の反応に応じてその場で指導を変更できる。
〇1回目は講義
〇2~6回目は数人のグループで、選択した作業の分析を行う。作業分析については実際に作業を行う場面の観察を基本としているため、時間内に教員が随時相談に乗りながら行う。
〇7~10回目は数人のグループで指導法の準備を行う。指導法の指導案作りは、授業時間内に教員が随時相談に乗る。
〇10~14回目は準備した指導をグループごとに実際に行う(発表)
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
80%
(分析40%・指導法40%)
ルーブリックによって評価する。ルーブリックは2回目と7回目に配布
小テスト
その他
20%
指導法の実技
自由記載
ペーパーテストは授業終了後(期末試験期間中)
浅沼辰志編  「作業学」(メジカルビュー) ISBN978-4-7583-1671-2 C3347
なし
水曜日12:30~13:00 (この時間帯に質問、指導などの時間を予約する。短時間で済む内容はこの時間内で対応する)
予習
予め教科書の指定されたページを読んでおくこと。レポートにまとめる作業や治療道具等の準備は、必要に応じて授業時間外に行ってください。
復習

授業計画

授業内容
担当教員
1
治療手段としての作業(健康・病気・障害・障害軽減のための作業)(教科書pp24-31も参照)
浅沼・野本
2
作業分析 項目の確認 分析方法の選択 分析の実施方法 (教科書pp41-47)
浅沼・野本
3
作業分析 身体的側面
浅沼・野本
4
作業分析 身体的側面
浅沼・野本
5
作業分析 心理的側面
浅沼・野本
6
作業分析 社会的側面
浅沼・野本
7
対象の設定 :障害の本体(筋力・可動域・協調性など、教科書の事例を参照する)*分析レポート提出
浅沼・野本
8
対象の設定・治療理論の適用
浅沼・野本
9
指導法準備 指導案作成(教科書pp62-65)
浅沼・野本
10
指導法準備
浅沼・野本
11
指導
浅沼・野本
12
指導
浅沼・野本
13
指導
浅沼・野本
14
指導
浅沼・野本
15
まとめ *指導法レポート提出
浅沼・野本



検索・一覧に戻る