検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

作業療法管理学
ナンバリング
HR42106
専門科目
対象学科・専攻
作業療法学専攻
必修
配当年次
2
単位
1
時間
15
授業形態
講義
野本義則
前期
曜日・時限
水曜日5限
医療保険制度・介護保険制度を理解し、作業療法部門の管理運営、及び作業療法士としての人材像を理解するとともに作業療法教育に必要な能力を培うことを目的とする。具体的には、医療保険制度・介護保険制度を踏まえて作業療法部門の人事・予算・物品・部門開設などの管理運営に関する事項について学習し、また、臨床の現場で作業療法士に求められる高い倫理観や生涯学習の必要性、後輩の育成の方法について、日本作業療法士協会の倫理規定などに沿って学習する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
保健医療職の一員としての作業療法士の倫理を説明できる。
研究倫理について説明できる。
作業療法部門の管理、運営の基礎、安全管理を説明できる。
作業療法士関連の法律を説明できる。
医療保険制度、介護保険制度について説明できる。
講義形式
学生発表形式
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
50%
学習目標に明示している内容を定期試験の評価基準とする。
実技試験
レポート
20%
反転授業実施に際して提示した課題について論述、プレゼンテーションできることを評価基準とする。
小テスト
30%
学習目標に明示している内容を小テストの評価基準とする。
その他
自由記載
レポート課題は期日と形式が守られない場合は評価の対象とならない。
TINSおよびClassroomを用いる。
期末試験期間内に期末試験を行う。
講義内でフィードバックを行う。
『作業療法管理学入門』大庭潤平編 医歯薬出版 2018 ISBN:978-4-263-26568-0
『作業療法学全書改定第3版第1巻「作業療法概論」』杉原素子編 共同医書出版 2010 ISBN:978-4-7699-2118-5
作業療法概論 生命倫理 医療安全管理 
なし
月曜日 12:10~13:00 W414 質問などはメールでも受け付ける y-nomoto@u-ths.ac.jp
TINS,Classroomを使用するので、指示に従い登録してください。
予習
各授業該当内容について事前に調べ学習を行い、質問などを明確にしておくこと(毎授業前2時間)
復習
講義資料を見直して内容を自分のものとする(毎授業終了後2時間)

授業計画

授業内容
担当教員
1
オリエンテーション、作業療法学生に求められる倫理
野本
2
オリエンテーション、作業療法学生に求められる倫理
野本
3
作業療法教育 PBL CBLなど
野本
4
作業療法教育 PBL CBLなど
野本
5
作業療法教育 プレゼンテーション法
野本
6
医の倫理、専門職にとっての職業倫理
野本
7
日本作業療法士協会の倫理綱領、作業療法倫理指針
野本
8
研究倫理
野本
9
職場管理 組織、管理概論 備品管理 人事管理
野本
10
安全管理 KYT
野本
11
医療保険
野本
12
診療報酬 PTOT法
野本
13
介護保険と作業療法
野本
14
臨床実習指導
野本
15
後輩育成と生涯学習
野本



検索・一覧に戻る