検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

日常生活活動学(作業療法)
ナンバリング
HR43125
専門科目
対象学科・専攻
作業療法学専攻
必修
配当年次
3
単位
1
時間
15
授業形態
講義
内田 達二
前期
曜日・時限
水曜日3限
障害児や障害者、高齢者などの日常生活動作の自立、あるいは、介助量の軽減に向けた支援の方法について学習することを目的とする。具体的には、ADLの概念と範囲、ADL評価の手法、車椅子、杖の構造、種類、処方について、また、疾患ごとに異なるADL障害の特殊性を知り、指導、及び訓練方法を学ぶ。また、在宅や施設で生活する高齢者・障害者の生活を支援するためには、適切な福祉用具の活用と住環境整備が必要不可欠であるため、障害のある人が自立的な生活や就労をするにあたって必要な福祉機器について、その種類、適応について学習する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1 日常生活活動(ADL)の概念および評価方法について説明できる
2 福祉用具 (車椅子・杖・自助具等)分類別に具体例をあげて、その適応・使用法・指導法について説明できる
3 疾患ごとに異なる日常生活活動(ADL)障害について理解し、その指導、及び訓練方法を説明できる
講義(テキスト・パワーポイントや配布印刷物を使用)、グループワークとグループ発表、実技
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
80
記述試験
実技試験
レポート
20
レポート課題
小テスト
その他
自由記載
全講義終了後の翌週に期末試験を行う。
必要に応じて、グループ・個別指導を行う。
ADL PT・OTビジュアルテキスト 羊土社 ISBN 978-4-7581-0795-2
伊藤利之,鎌倉矩子編 : 「ADLとその周辺」 医学書院 ISBN978-4-260-02204-0
作業療法評価学 運動学
2年次までの必修科目の単位修得
水曜日12:10-13:00 W415 質問はメールにてお願いします(t-uchida@u-ths.ac.jp)
予習
教科書の当該ページを読み予習をしておく(毎授業開始前1時間)
復習
授業で検討した内容を見直し、自分のものとする。疾患別のグループワーク(毎授業終了後3時間)

授業計画

授業内容
担当教員
1
日常生活活動(ADL)の概念について
内田
2
日常生活活動(ADL)の評価方法について
内田
3
福祉用具 (車椅子・杖・自助具等)の分類と操作、適応について
内田
4
脳卒中のADL障害の特徴とその指導訓練について
内田
5
脊髄損傷のADL障害の特徴とその指導訓練について
内田
6
関節リウマチのADL障害の特徴とその指導訓練について
内田
7
筋ジストロフィー、発達障害のADL障害の特徴とその指導訓練について
内田
8
まとめ・質問
内田



検索・一覧に戻る