検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

コミュニケーション論
ナンバリング
HN11120
対象学科・専攻
看護
必修
配当年次
1
単位
1
時間
30
授業形態
講義
鈴木 みどり
前期
曜日・時限
Aクラス:水曜日4限  Bクラス:水曜日3限
コミュニケーションとは、人間のみならず、あらゆる生命体が他者や環境との間で、モノ、情報、価値、意味の交換をし、それに基づいた相互作用として理解されている。本科目では、日常経験と神経生理学的、対人的、組織的水準から人間のコミュニケーションについて比較検討し、「相互作用」の意味の理解を深める。また、非言語/言語的コミュニケーション、説明、社会的交換、交流分析、生産的議論等の処理論を学び、看護専門職としてのコミュニケーションのあり方を考究する基盤とする。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
他者の発言からその思いを正確に聞き取ることができる。テキスト及び講義録等の文章からその内容を正確に把握できる。
自分の考えや思いを他者に明確に伝えることができる。問題点を明確にするための話し合いをリードできる。
講義録の指示に従いテキストを読んだり、課題を実施し、レポートにまとめる。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
家族等日ごろ接することの出来る人へのインタビュ-と積極的な会話の働きかけ。
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
60%
理論の内容理解と完結明瞭な記述
実技試験
レポート
40%
毎回課される小レポートの提出及び記述内容
小テスト
その他
自由記載
15回授業終了の翌週
テキスト : 中井喜美子著/近藤千恵監修 「看護ふれあい学講座」 照林社出版 ISBN:4796520430
なし
予習
復習
講義録にある課題を日々意識し実践する。

授業計画

授業内容
担当教員
1
問題点を明確にする話の聞き方を体験する。日常のコミュニケーション方法を振り返る。
鈴木
2
コミュニケーション能力向上のための「3つのステップ」を学ぶ。自分が目指す看護者を考える。
鈴木
3
「行動の四角形」という理論を学び、他者に向き合うときの自分の感情や傾向を見る。
鈴木
4
他者の気持ちに注目し、問題点を明確にする聞き方の練習。
鈴木
5
問題点を明確にする聞き方の実践。
鈴木
6
理論の振り返り。他者がわかりやすい完結明瞭な記述を考える。
鈴木
7
自己の感情表現の練習 ・相手に伝わる話し方を学び身につける。「3つのステップ」の復習。
鈴木
8
「3つのステップ」の完全把握と自己表現の練習。
鈴木
9
人間関係の相互性に注目した会話の実施。
鈴木
10
自己表現の種類と区別を習得する。
鈴木
11
対立の種類と対応法の違いを知る。
鈴木
12
対立が生じたときの感情に注目。
鈴木
13
対立が生じたときの問題解決法。ブレスト練習。
鈴木
14
他者間の対立への介入方法。
鈴木
15
プロセスコンサルタントの学習と総合のまとめ。
鈴木



検索・一覧に戻る