検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

科学と技術
ナンバリング
HN11202
教養分野
対象学科・専攻
看護
必修
配当年次
1
単位
1
時間
30
授業形態
講義
岩井 拓朗
後期
曜日・時限
本科目では、「科学的な」と言われる「ものの見方・考え方」と「技術」に貫かれている「操作性」の本質的な違いについて、両者の歴史的発展過程をとおして理解する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1.「科学」と言われるものの成立の歴史を説明できる。
2.科学の歴史および科学的説明が提供するものをふまえて、科学と技術の違いとその2つが結びつく仕方を説明できる。
3.科学技術が医療や私達の生活に対してもたらす恩恵と問題点を考慮し、科学技術の拡大の是非を論じることができる。
パワーポイントを使用して、講義形式で行う。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
50%
学期末に課す期末レポート(講義内容を踏まえ、ある科学技術の是非関する自らの考えを論証できていることを基準とする)。
小テスト
50%
毎回課される小レポート(講義内容を正確に理解し、自説の簡潔な論証を提示てきていることを基準とする)。
その他
自由記載
小レポートについては5回に1回ほど、講義内でフィードバックを行う。その他の個別的な質問等はメールなどにて対応する。
テキストは使用しない。必要に応じて適宜資料を配布する。
使用しない。必要に応じて適宜資料を配布する。
なし
メール(takuro.iwai12@gmail.com)や質問紙によって質問を受け付ける。また、講義後10分ほど質問の時間を設ける。
授業の進め方、内容は、必要に応じて適宜変更することがある。
予習
適宜指示する資料や記事などを読んでおくこと(5時間)。
復習
配布されたプリントを見直すこと。疑問点があれば、質問紙やメールを利用して質問してください(10時間)。

授業計画

授業内容
担当教員
1
イントロダクション―科学について考えるとは
岩井
2
科学の歴史―アリストテレス的自然観
岩井
3
科学の歴史―アリストテレス的自然観の崩壊(1)
岩井
4
科学の歴史―アリストテレス的自然観の崩壊(2)
岩井
5
科学の歴史―科学者の誕生とこれまでのまとめ
岩井
6
科学的推論とは何か
岩井
7
科学的説明とは何か―DNモデル
岩井
8
科学的説明とは何か―DNモデルの問題点1
岩井
9
科学的説明とは何か―DNモデルの問題点2と因果の重要性
岩井
10
科学的説明に関するまとめ
岩井
11
科学的説明と因果関係
岩井
12
因果関係と科学技術1
岩井
13
因果関係と科学技術2
岩井
14
科学技術の是非を考える
岩井
15
まとめ
岩井



検索・一覧に戻る