検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

問題解決技法
ナンバリング
HN13131
教養分野
対象学科・専攻
看護学科
選択
配当年次
3
単位
1
時間
15
授業形態
演習
〇和賀 德子
前期
曜日・時限
Aクラス:水曜日1限、Bクラス:水曜日2限
人間は様々な問題に遭遇して生きている。問題を解決するには、手当たり次第の方法もあるが、本科目では、その問題を見極め、解決方法を探り、計画的に解決していくという「問題解決技法」を学び、日常の問題解決のみならず、看護における計画的展開の基礎とする。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1. 人間は生きている過程で、遭遇する多様な問題の解決を通して「学んでいる」ことを説明できる。
2.「問題解決技法」を用いて、課題の問題を解決できる。
3.問題解決における他者とのコミュニケーション、協働、知識を持つこと、探究心の重要性を説明できる。
4.問題解決技法を看護に活用する意義と課題を説明できる。
多様な「問題」を設定し、「多角的」に問題にアプローチできるように、小グループでのワークを頻繁に行います。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
100%
最終レポート(70%) 課題レポート(30%)
小テスト
その他
自由記載
レポート提出期、レポート課題は後日提示します。
課題レポート後に解答を返却し、解答傾向を踏まえて、考え方等の補足説明をします。
問題事例をプリント配付します。
なし
和賀(水)12:00~14:30
正当な理由がなく遅刻20分×3(計60分)で一回の欠席とします。
予習
基礎看護学方法論Ⅳ(看護の計画的展開)、基礎看護学演習Ⅳ、領域別看護学において学習した「看護過程」の展開、および基礎看護学実習Ⅲでの学びを復習しておいてください。
復習

授業計画

授業内容
担当教員
1
本科目のオリエンテーション:人間が「問題」に遭遇したときの行動と学び
和賀 德子
2
「問題」を意識することない日々の行動(学びはあるか?): 日々の経験と学び(経験的問題解決)(L/GW)
和賀 德子
3
「問題」を意識するのは、どのような時か? どのようなことを「問題」としているか? (L/GW) 
和賀 德子
4
この事象・現象の「問題」は何か?という思考 : 系統的問題解決 (L/GW)
和賀 德子
5
問題解決技法とは   問題の発見、問題の理解と分析、問題解決方法の探索、必要な情報の収集、
問題解決方法のプラン(仮説の設定)、プランに基づいた実施、結果の確認
問題解決における他者とのコミュニケーション、協働、知識を持つことの重要性
和賀 德子
6
事例:問題の発見、問題の理解と分析、問題解決方法の探索、必要な情報の収集、
問題解決方法のプラン(仮説の設定)、プランに基づいた実施、結果の確認 (L/GW)
和賀 德子
7
事例(問題)解決の実際 1.問題の解決 2.コミュニケーション 3.協働 4..必要な知識 5.探究 6.態度(L/GW) 
和賀 德子
8
看護への活用とその意義および課題 (L/GW)
和賀 德子



検索・一覧に戻る