検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

臨床心理学
ナンバリング
HN23112
専門基礎分野
対象学科・専攻
看護学科
必修
配当年次
3
単位
1
時間
15
授業形態
講義
高間佳奈枝
前期
曜日・時限
月曜日4限
現代社会において人々は、多様な心理的問題を抱えながら生きている。人々の精神的健康の維持・増進を援助するためには、心理的問題を抱えながら生きていることについて理解し、それらを予測し、軽減するための援助に関する知識を必要とする。具体的には、カウンセリング、心理療法、集団心理療法、家族療法など、パーソナリティを理解するための基礎的知識を学習する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
・自己の心の在り方が、他者の心の理解や援助に影響することを理解し、心の状態の理解と援助の方法を学ぶ。
・援助対象者を深く理解し、心の健康の維持増進のために適切に対応することができる。
・さまざまな心理療法の特徴について説明できる。
板書、パワーポイントを活用しながら、講義形式で行う。
ワークを取り入れ、体験的に対人援助について理解を促す。
授業についてのふりかえりや疑問点は、授業後に時間をとる。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
70%
授業内容全般を理解しておくこと。小レポートや小課題の内容を理解しておくこと。
実技試験
レポート
30%
毎回授業終了時に提出する小レポートもしくは小課題
小テスト
その他
自由記載
翌週
希望する者に対し、オフィスアワーの時間を用いて、試験解説を行う。
毎回プリントを配布します。
適宜紹介します。
なし
月曜日12:00~14:00
予習
小テストの予習として,配布物に目を通し、理解しておくこと。
復習
授業の復習として,授業のプリントを見直し,専門用語の意味等を理解しておくこと。

授業計画

授業内容
担当教員
1
臨床心理学の対象とプロセス
髙間
2
人間理解の方法 心理検査(質問紙法と投影法)
髙間
3
臨床心理学の歴史と精神分析
髙間
4
支持的心理療法・非指示的心理療法
髙間
5
幼児期・児童期の心理療法
髙間
6
思春期の心理療法
髙間
7
成人期の心理療法
髙間
8
老年期の心理療法
髙間



検索・一覧に戻る