検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

老年看護学援助論
ナンバリング
HN52130
専門分野
対象学科・専攻
看護学科
必修
配当年次
2
単位
1
時間
30
授業形態
講義
〇中村 美幸、今村 嘉子、坂東 美知代、阿部 詠子
前期
曜日・時限
金曜日1限
老年期にある様々な健康状況の対象とその家族の看護に必要な基礎的知識について学ぶ。特に高齢者の生活の機能の基本を理解し、生活を維持・増進するための看護について学ぶ。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1.高齢者の健康支援に関する制度・取り組みについて説明できる。
2.高齢患者の生活機能を整えるためのアセスメントと援助について説明できる。
3.高齢者に多い医療事故の要因と対策について説明できる。
講義形式主体で行う。スライド(パワーポイント)と視聴覚メディア(DVD等)を活用しながら講義形式で進める。
授業のなかで、ディスカッションや事例検討等を取り入れ、主体的に授業に参加できるようにする。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
100%
中間10%+最終90% 学修目標に関連した課題について、講義資料やテキスト、文献等を活用し、論述できること。中間レポートは中村担当。最終レポートは、中村、今村、坂東、阿部が担当。
小テスト
その他
自由記載
学修目標に関連した課題について、講義資料やテキスト、文献等を活用し、論述できること。中間レポートは中村担当。最終レポートは、中村、今村、坂東、阿部が担当。
中間・最終レポートの提出期限は、別途伝達する。
終講時にまとめを行い、特に重要な点について解説を行い、必要時資料を配布する。
「系統看護学講座 専門分野Ⅱ 老年看護学 第9版」 北川公子編 医学書院 2018  ISBN:978-4-260-03186-8
・生活機能からみた老年看護過程+病態・生活機能関連図 第4版 医学書院 2020   ISBN:978-4260042741
・フィジカルアセスメント ガイドブック 目と手と耳でここまでわかる 第2版 医学書院 2005 ISBN:978-4260001144
老年看護学概論、老年看護学方法論、老年看護学演習
なし
教員への質問等はメール、Classroomから行う。
授業終了後、出席カードが期限内て提出されたら出席とする。(翌週木曜日 17時締め切りとする) 遠隔学習時には、指定されたテキストを準備して学習を行う。
予習
次回の講義内容についてテキストを読み予習を行う。(30分)
復習
授業で配布する資料とテキストの内容を見直し、授業内容を確かな自己の知識とする。(60分) 

授業計画

授業内容
担当教員
1
老年期のヘルスプロモーション
中村
2
高齢者の包括的アセスメント・高齢者総合評価(CGA)の概念 
中村
3
           ① 身体機能評価 生活機能の評価
中村
4
                  ② 認知機能の評価
坂東
5
高齢患者の生活機能を整える援助   ①転倒 ・転落アセスメントと援助
中村
6
       〃                ②摂食・嚥下機能のアセスメントと援助
中村
7
       〃                ③廃用症候群のアセスメントと援助
中村
8
        〃               ④排泄障害のアセスメント(含む 失禁)と援助
阿部
9
       〃                 ⑤褥瘡のアセスメントと援助
阿部
10
    〃                ⑥脱水のアセスメントと援助 
中村
11
       〃                 ⑦痛み、痒みのアセスメントと援助
中村
12
高齢者のヘルスアセスメント ①高齢者のヘルスアセスメントと看護の役割、
②フィジカルアセスメントの技術
中村
13
       〃                ③高齢者の看護に必要なフィジカルアセスメント
中村
14
老年期のリハビリテーション ①医療的リハビリテーション、②生活活性化リハビリテーション)
坂東
15
老年看護における医療安全と看護師の役割 ①高齢者に多い医療事故と予防 ②訴訟への対応
今村



検索・一覧に戻る