検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

医療チーム内のマネジメント
ナンバリング
HN53104
専門分野
対象学科・専攻
看護学科
必修
配当年次
3
単位
1
時間
15
授業形態
演習
〇出口 禎子 鈴木 久子、窪島 領子、塚原 節子
前期
曜日・時限
木曜日・3限
看護ケアの特徴(ケアにおける個人的関わりと組織的関わり<コミュニケーションの質>)、看護チームの構成(「新人・中堅、ベテラン」「プリセプター、リーダー、管理的責任者」)調整の必要性、看護チームにおける協働のマネジメントから看護の質について考える。3年次の演習科目である。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
〇 
1.医療チーム内における看護マネジメンの重要性について理解できる。
2.医療チームの構成員と個々の役割について述べることができる。
3.効果的なチームワークを進めるうえで、どのような看護マネジメントが必要であるのかについて説明できる。
4.看護の質を保証するために看護師に求められるものについて自分の考えを述べることができる。
1~4回目、8回目は合同講義、それ以外はグループ学習
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
70%
課題「「看護の質を保証するために看護師に求められるもの」A4サイズ 2000字  (内容50%、 形式/文献の活用 30%、提出厳守 20%)  
小テスト
その他
30%
課題(事例検討①・②およびグループワーク)
自由記載
レポートの提出締切を最終授業の1週間後とする。
提出されたレポートにコメントを入れて返却する。
小林美亜編;看護学テキスト 看護管理,Gakken, 2013 .ISBN 978-4-7809-1102-2
佐々木司著;ルールがわかれば変わる 看護師の交代勤務、看護の科学社、 ISBN 978-4-88780-057-3
専門職の世界,セルフディベロップメント,キャリアディベロップメント,医療以外の多職種との交流と発展,チーム医療論
なし
各グループの担当教員に確認  ( 月曜日12:10~13:50 )
正当な理由なくして20分以上の遅刻は欠席とみなす。
予習
グループワークの資料を事前に配布するため参考書などを参考に自身の考えをまとめておく。(60分)
復習
医療チーム,チームワーク,看護の質を保証するために看護師に求められるものなど,授業を振り返り考えを整理する。(45分)

授業計画

授業内容
担当教員
1
病院や施設及び地域や災害時における医療チームの機能と看護師の役割
後半:「私の歩み」(ポートフォリオ)  
担当教員
2
医療チーム内における看護マネジメントとは (その1)
①病院組織 ②病院における看護組織
担当教員
3
医療チーム内における看護マネジメントとは (その2)
③看護提供システム など  
担当教員
4
医療チーム内における看護マネジメントとは (その3)
①労働安全衛生 ②看護基準、看護手順 ③安全管理
担当教員
5
事例から考えるチームワークのマネジメント…(事例1) 
担当教員
6
事例から考えるチームワークのマネジメント…(事例2) 
担当教員
7
事例検討を振り返り、自分の考えをまとめる
担当教員
8
まとめ  (全体発表と講評)
担当教員



検索・一覧に戻る