検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

医療安全論
ナンバリング
HN53153
専門分野
対象学科・専攻
看護学科
必修
配当年次
3
単位
1
時間
15
授業形態
講義
和賀 徳子
前期
曜日・時限
Aクラス:水曜日2限、Bクラス:水曜日1限
人間の生存にとっての安全の重要性を認識し、看護・医療における安全の確立に向けた考え方を学ぶ。
①人間の生存と安全 ②安全の確立と人間の能力
③安全確立と社会システム・文化
④看護・医療における安全の問題
⑤安全と看護・医療の専門性(自立性、倫理性、責任と義務)
⑥安全と看護・医療の専門性(危険の予測・識別・回避)
⑦看護・医療における安全に対する価値づけと文化の醸成
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1.人間の能力および社会システムから、「安全の確立」の問題を説明できる。
2.看護・医療の場における「安全」を確立する上での問題を説明できる。
3.自らの日常行為・行動において「確かさ」が身体化されている重要性を説明できる。
担当教員2名のオムニバス方式で行います。
教員からの質問や学生同士の意見交換を重視し、医療安全について、各自が自ら考える機会を多く取り入れます。
( 事故報告書や事故当事者の資料からグループディスカッションを行います。)
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
70%
課題について問題意識をもって取り組んでください。
小テスト
30%
資料の内容を具体的に読み込み理解していること。
その他
自由記載
1.上記文献理解確認小テスト(30%) 2.課題レポート(70%)
レポート提出日期限は後日掲示します。
課題提出後、学生の学びを集計し解説します。
海保博之・田辺文也 「ヒューマン・エラー 誤りからみる人と社会の深層」 新曜社  2001  ISBN 4-7885-0575-4
嶋森好子・任和子 編 「医療安全とリスクマネジメント」 ヌーベル ヒロカワ ISBN:978-4-86174-010-7
エリック・ホルナゲル(北村正春ほか訳):Saféty-Ⅰ&Saféty-Ⅱ安全マネジメントの過去と未来 海文堂 2017 ISBN976-4-303-72985-1
なし
和賀 徳子 12:30~13:30 金曜日
授業中に配布する事故報告書等をよく読んで授業に臨んでください。
予習
教科書等をよく読んで授業に臨んでください。(毎授業前30分)
復習
講義資料と教科書を見直して内容を自分のものとする(毎授業終了後1時間)

授業計画

授業内容
担当教員
1
医療安全論の導入:人間の生存と安全:安全への悲願と現実
和賀
2
安全の確立と人間の能力: To error is Humanの意味を日常の行動から考察する
和賀
3
安全確立と社会システム・文化:安全の価値付けの問題
和賀
4
看護・医療における安全の問題:生命を護る場における「安全」の現状と課題を考える 
和賀
5
安全と看護・医療の専門性:自立性、倫理性、責任と義務/危険の予測・識別・回避
和賀
6
看護・医療における安全に対する価値づけと文化の醸成:安全は自然に獲得できるのだろうか。
和賀
7
「注意!!!」、「気をつけましょう!」によって安全を確立できるだろうか。
(テクニカルスキルとノンテクニカルスキル)
和賀
8
「確かである」を得るには:ものの見方、ものの考え方、行為・行動の傾向の変容
(レジリエンスアプローチについて)
和賀



検索・一覧に戻る