検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

ボランティア入門
ナンバリング
HR11102
特色科目
対象学科・専攻
理学療法学専攻、作業療法学専攻
必修
配当年次
1
単位
1
時間
45
授業形態
実習(講義)
〇吉井 智晴・松井 伸子
前期
曜日・時限
月曜日3限4限
ボランティア活動(実習)を通して、本学の建学の精神である「人に優しく、社会貢献」の精神を身につけることを目的とする。具体的には、ボランティア活動を通して社会奉仕の大切さを学び、地域の様々な人との触れ合いの中で人への優しさや思いやりの心を育むとともに、コミュニケーション能力の基礎を身につける。実施に当っては、実践の在り方などに関する講義を受けた後、多摩市社会福祉協議会の協力により、当該協会に加盟するボランティア団体等の活動に参加する。ボランティア活動後には、ボランティア活動を通して感じたことを報告会で発表する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1)自分でボランティア活動実施計画を立てることができる。                                              2)ボランティア活動中は、セルフマネージメントに努め、他者との良好なコミュニケーションを図ることができる。                                                 3)実習の実践内容をレポートにまとめることができ、第3者に伝わるように発表できる。
・講義はパワーポイント使用・事前のオリエンテーションは学内で実習を行う。 ・ボランティア活動は各施設ごとに実施する。 ・活動報告会では、グループ討論・発表を行う。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
50%
活動実践レポート(個人)
小テスト
その他
50%
活動報告会グループまとめスライド・発表
自由記載
定期試験は実施しない
特に定めない
適宜紹介する
なし
吉井:水曜日11:30~12:30 W423  松井:月曜日12:10~12:50 S321
活動中は、清潔感のある身だしなみ・時間厳守・常に丁寧な対応を心がけること
予習
ボランティア活動施設について、施設概要、施設所在地、具体的活動内容を事前に調査・確認しておくこと(毎授業前60分)
復習
活動の振り返りをして、次の活動に生かすこと(毎授業後60分)

授業計画

授業内容
担当教員
1
オリエンテーション・ボランティア活動とは・コミュニケーションの基本
吉井・松井
2
多摩市のボランティア活動の現状について
多摩市社会福祉協議会担当者
3
グループワーク(私たちに今できる活動について考える)・グループ発表
吉井・松井
4
福祉施設の現場を知る
吉井・松井
5
視覚障害者の生活を知る
吉井・松井
6
聴覚障害者の生活を知る
吉井・松井
7
車椅子ユーザーの生活を知る
吉井・松井
8
車椅子の操作実習
吉井・松井
9
障害者体験・不自由さを想像して設定してみる①(計画書作成)
吉井・松井
10
障害者体験・不自由さを想像して設定してみる②(準備・必要物品作成)
吉井・松井
11
障害者体験・不自由さを体験してみる
吉井・松井
12
障害者体験後グループワーク
吉井・松井
13
「2」で話し合った活動の実践
吉井・松井
14
「2」で話し合った活動の実践
吉井・松井
15
ボランティア活動報告会・まとめ
吉井・松井



検索・一覧に戻る