検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

理学療法学研究法
ナンバリング
HR33203
専門科目
対象学科・専攻
理学療法学専攻
必修
配当年次
3
単位
1
時間
30
授業形態
演習
小島 基永
後期
曜日・時限
A組:木曜日2限、B組:木曜日3限
研究とは何か、研究へのアプローチと進め方はどのように行うか、研究成果はどのようにまとめるかなど卒業研究に結びつくような理学療法の研究法について演習を中心に学習する。内容は、問題関心、研究課題設定の方法、先行研究の調査、統計的データの活用方法などについて学習する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
①理学療法研究の意義・必要性を説明できる
②研究テーマの設定から研究の実際、研究発表、論文の書き方など、研究に関する一連の流れを説明できる。
③文献(和文・英文)の検索、収集、要約ができる。
④データの統計学的処理と解釈ができる。
⑤収集したデータに基づき研究した内容を報告できる。
理学療法と研究に関する講義ならびに演習
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
50
学修目標①②④
実技試験
レポート
40
学修目標③⑤
小テスト
その他
10
演習報告会への寄与
自由記載
期末試験期間に行う
演習、レポートについては、その都度、適宜実施する。その他は、下記オフィスアワーを中心に実施する。
最新理学療法学講座・対馬栄輝 編著・医歯薬出版・ISBN 978-4-263-26735-6
標準理学療法学 理学療法研究法第3版・内山 靖・他編集・医学書院2013・ISBN 978-4-260-01547-9
1年後期科目 情報処理(応用)、3年次後期 統計学 の知識が必要。
なし
火曜日11時30分から12時30分 W416研究室
予習
各回の内容に該当するテキストの内容を読んでおくこと。
これには、毎回1時間程度の時間が必要である。
復習
各回の内容を復習し、各回の到達目標が達成できたか確認すること。
また第3回で提示する演習を積み重ね第14回の最終演習に備えること。
これには、毎回3時間程度の時間が必要である。

授業計画

授業内容
担当教員
1
理学療法研究法概論
小島
2
研究デザイン
小島
3
文献検索と活用:演習内容提示
小島
4
研究計画1
小島
5
研究計画2
小島
6
研究倫理、研究計画書・同意書
小島
7
研究対象者・データ収集
小島
8
統計解析1
小島
9
統計解析2
小島
10
統計解析3
小島
11
統計解析4
小島
12
統計解析5
小島
13
研究報告1
小島
14
研究報告2:演習最終報告会
小島
15
研究不正行為、引用・転載
小島



検索・一覧に戻る