検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

義肢学(作業療法)
ナンバリング
HR43127
専門科目
対象学科・専攻
作業療法学専攻
必修
配当年次
3
単位
1
時間
30
授業形態
演習(講義)
濵口 雅春
前期
曜日・時限
月曜日2限
義肢について総合的に学習し、断端、及び装着訓練が実施できるようになることを目的とする。具体的には、義肢の定義、歴史、目的、切断術と断端管理、切断の作業療法について学んだ後、義肢の種類、構造、機能、材料、製作過程、適合判定について、また、肩義手、上腕義手、前腕義手、筋電義手の装着訓練、操作訓練、及び義足について学習する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
1.義手切断の基礎知識;切断原因・部位・特殊な切断が述べることができる。
2.上肢・下肢切断における機能的特徴が述べることができる。
3.義手の種類と構成を述べることができる。
4.義手の操作訓練とチェックアウト、断端ケアが実施できる。
5.筋電技手の構成と原理が述べることができる。
6.義足の種類と構成を述べることができる。
7.義足の装着方法の指導、チェックアウト、訓練が述べることができる。
遠隔授業による授業形態。テキスト、配布資料による講義により理解を深める。
その後、授業内容に関する設問に対してレポートを提出する。
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
レポート課題に対して、インターネット、書籍等による積極的な情報収集を課す
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
100%
各回提出されたレポート採点により評価する
小テスト
その他
自由記載
レポート採点により試験に代える。
授業内に質問用メールアドレスを掲示します。 
作業療法技術学1義肢装具学(改訂第3版)(協同医書出版社) ISBN 978-4-7639-2126-0 *後期装具学でも使用。
授業の中で資料を配布する。
講義の中で紹介する
なし
授業内に質問用メールアドレスを掲示します。
コロナ対策により遠隔授業形式で実施します
予習
講義部分についてテキストを読んで予習しておくこと(1時間程度)。
復習
講義終了後テキスト、ノート内容を復習しておくこと(2時間程度)。

授業計画

授業内容
担当教員
1
車椅子の構造  ①フットレストの構造と調整 ②タイヤバルブ、パンク修理  (レポート課題あり)
濵口
2
車椅子の構造  ③ブレーキの種類と構造 ④安定性の構造  (レポート課題あり)
濵口
3
上肢切断 下肢切断  (レポート課題あり)
濵口
4
義手の構成要素  (レポート課題あり)
濵口
5
能動義手の制御機構と操作方法  (レポート課題あり)
濵口
6
義手操作の訓練  (レポート課題あり)
濵口
7
前腕義手のチェックアウト  (レポート課題あり)
濵口
8
前腕義手・肩義手のチェックアウト  (レポート課題あり)
濵口
9
仮義手の作製と評価  (レポート課題あり)
濵口
10
筋電義手の評価と訓練  (レポート課題あり)
濵口
11
小児切断・奇形  (レポート課題あり)
濵口
12
下肢切断と機能的特徴、義足の種類と適応  (レポート課題あり)
濵口
13
前腕切断・前腕義手断の実際  (レポート課題あり)
濵口
14
上腕切断・上腕義手の実際  (レポート課題あり)
濵口
15
インテリジェント義足  (レポート課題あり)
濵口



検索・一覧に戻る