検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

精神障害作業療法治療学1 (精神機能回復理論)
ナンバリング
HR43216
専門科目
対象学科・専攻
作業療法学専攻
必修
配当年次
3
単位
2
時間
30
授業形態
講義
野本 義則
前期
曜日・時限
月曜日4時限目
種々の疾患に共通する精神機能回復のための治療理論を理解することを目的とする。具体的には、障害の捉え方、評価から治療までの一連の流れ、及び陽性症状、陰性症状、気分障害など、種々の疾患に共通する精神機能回復のための治療理論、治療計画などについて学習する。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
精神障害作業療法における
1.評価から治療目標設定について説明できる。
2.治療構造について説明できる。
3.治療の場、社会資源、社会福祉制度について説明できる。 
講義形式
学生発表形式
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
80%
実技試験
レポート
10%
小テスト
10%
その他
自由記載
定期試験期間内に行う。
講義内でフィードバックを行う。
山口芳文 編:精神障害作業療法学 メディカルビュー社 ISBN978-4-7583-1675-0 
山根寛 精神障害と作業療法【新版】 三輪書店 ISBN-13 : 978-4895905831
精神医学 
2年次までの必修科目の単位修得
月曜日 12:10~13:00 W414  質問などはメールでも受け付けます y-nomoto@u-ths.ac.jp
TINSおよびClassroomを用いるので、指示に従い登録してください。
予習
教科書を中心に20時間予習する。
復習
提出レポートおよび復習として40時間行う。

授業計画

授業内容
担当教員
1
治療過程と治療構造
野本
2
治療的態度、治療者—患者関係、症例に対する治療的態度の設定
野本
3
作業活動
野本
4
事例と活動選択
野本
5
集団
野本
6
時間・場所・頻度
野本
7
就労
野本
8
地域生活支援と取り巻く法規
野本
9
地域生活支援と取り巻く法規 発表
野本
10
治療・援助の場ー精神科OT、デイケア、認知症病棟、ほか
野本
11
予後と再発、治癒係数、薬物療法、家族研究
野本
12
ケーススタディ
野本
13
ケーススタディ
野本
14
ケーススタディ
野本
15
ケーススタディ
野本



検索・一覧に戻る