検索・一覧に戻る

シラバス詳細 Detail

装具学(作業療法)
ナンバリング
HR43228
専門科目
対象学科・専攻
作業療法学専攻
必修
配当年次
3
単位
1
時間
30
授業形態
演習(講義)
濱口 雅春
後期
曜日・時限
月曜日4限
装具について総合的に学習し、装着及び基本的な装具の制作が出来ることを目的とする。具体的には、装具の定義、目的、原理などについて学んだ後、疾患や障害ごとの装具の種類、材料、製造過程、適合判定について学習する。熱可塑性プラスチックを用いた基本的なスプリントの製作概念を身につける。
①仁愛の精神
②人についての幅広い知識
③国際的視野
④医療支援の必要性の理解と実践
⑤協調性とコミュニケーション能力
目標1 装具の歴史・分類・機能・目的を述べることができる。
目標2 熱可塑性プラスティック、革を用いたスプリントの作成ができる。
目標3 ダイナミックスプリントの適応、構造・素材・原理などを述べることができる。
目標4 対象者に必要なスプリントの目的、計画、作成、チェックアウトまでの一連の流れを述べることができる。
装具総論の講義の他、疾患別講義を実施し、知識の拡充を計る。 
PBL(問題解決型学習)
反転授業
ディスカッション
ディベート
グループワーク
プレゼンテーション
実習
フィールドワーク
その他
レポート課題に対して、インターネット、書籍等による積極的な情報収集を課す
種別
割合
評価基準・その他備考
定期試験
実技試験
レポート
100
各回(計15回)提出レポート採点により評価する
小テスト
その他
自由記載
レポート採点により試験に代える
授業内に質問用メールアドレスを掲示します。 
作業療法技術学1義肢装具学(改訂第3版)(協同医書出版社) ISBN 978-4-7639-2126-0 *前期義肢学でも使用
授業の中で資料を配布する。
講義の中で紹介する。
なし
授業内に質問用メールアドレスを掲示します。
・コロナ対策により遠隔授業形式で実施します。
・実務経験のある教員による授業科目
予習
講義部分についてテキストを読んで予習しておくこと(1時間程度)。
復習
講義終了後テキスト、配布資料、ノート内容を復習しておくこと(2時間程度)。

授業計画

授業内容
担当教員
1
装具とは 装具の歴史 ・分類 ・機能 ・役割など(レポート課題あり)
濱口
2
下肢装具総論(レポート課題あり)
濱口
3
体幹装具総論(レポート課題あり)
濱口
4
上肢装具総論(レポート課題あり)
濱口
5
各論Ⅰ.上肢装具の分類と目的)(レポート課題あり)
濱口
6
各論Ⅱ.作業療法士の役割  各論Ⅲ.上肢装具・スプリントの製作 各論Ⅳ.上肢装具・スプリントのチェックアウト(レポート課題あり) 
濱口
7
各論Ⅴ.上肢装具・スプリントとセラピー)(レポート課題あり)
濱口
8
症例別スプリント療法 ① 頸髄損傷(レポート課題あり)
濱口
9
症例別スプリント療法  関節リウマチ(レポート課題あり)
濱口
10
症例別スプリント療法 末梢神経損傷(レポート課題あり)
濱口
11
症例別スプリント療法 手の外科・ハンドセラピー(レポート課題あり)
濱口
12
症例別スプリント療法 脳血管障害-1(痙性筋抑制、分離運動における装具の利用)(レポート課題あり)
濱口
13
症例別スプリント療法 脳血管障害-2(障害を誘発する運動命令の流れ)(レポート課題あり)
濱口
14
症例別スプリント療法 熱傷の作業療法(レポート課題あり)
濱口
15
知識の再確認(レポート課題あり)
濱口



検索・一覧に戻る